AEW:All OutのメディアスクラムでのCMパンクの発言を止めなかった理由は、その後に出てくるキース、スワーヴに関して重要な話題があったため、とトニー・カーンが明かす。


AEW Full Gearはすぐそこに迫っていますが、それが近づいても、悪名高いAll Out後のメディアスクラムの暗雲は相変わらず新鮮なまま残っています。

マイクに向かっていたCMパンクの軽蔑的な言葉に続いて、夜はバックステージでパンクとエリート―ケニー・オメガとヤング・バックスとの口論で終わるでしょう。事件全体に対する第三者による調査は、パンク、オメガ、バックスがその期間中ずっと同社から離れていたことに起因します。

スクラムの最中には、トニー・カーンはパンクの隣に座り、パンクがオメガ、バックス、 「ハングマン」 アダム・ペイジ、コルト・カバナについてフィルターをかけずに意見を述べたことに対し、それ以来多くの人が、カーンはパンクが何を言おうとしているのか知っていたのか、あるいはパンクが近々不満を漏らしていることを知っていたのか疑問に思っていました。また、もしそうでなくても、なぜ単に介入して事件を終わらせなかったのか、ということです。The Eliteが今週末に復帰したことを受けて、Full Gearのメディア向けの電話取材でカーンがパンクのAEWでの地位について少し返答をしなかった後、Wrestling Inc.のシニア・ニュース・エディターであるニック・ハウスマンは、 「彼は何を知っていたのか、なぜそれを止めなかったのか」 と正確に尋ねました。

「知りません。いや、知らなかった」 とカーンは語った。介入せず、状況をコントロールしないことについて、カーンは、スクラム中に誰が次に発言する予定であり、彼らのために意図された計画を維持したいと考えたためであるとしました。「その直後にキース (リー) とスワーヴが出てきたと言う以外、それ以上はコメントしない」 と彼は続け、 「キースとスワーヴを含め、彼らと話す重要なことがあった。キースとスワーヴのことを考えていたこともあります」 。

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???