Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AAA:アリゾナでの興行にケイン・ベラスケスの出場許可が降りる!殺人未遂容疑による保釈条件となっていたGPSの着用、自宅監禁制限が限定的に解かれることに。


カリフォルニア州サンタクララの判事は、12月3日土曜日にアリゾナ州テンピで行われるAAAのイベントで元UFC世界ヘビー級王者ケイン・ベラスケスのプロレスを許可しました。


ESPNのマーク・ライモンディによると、ベラスケスはパガーノ&ブルー・デーモン・ジュニアと組み、トーラス、サム・アドニス&グリンゴ・ロコと対戦します。


ベラスケスは以前AAAで働いていたことがあり、保釈の条件に従って彼に取り付けられたGPSモニターを取り外すことができますが、旅行には法執行官を同行させなければならず、その費用も支払わなければなりません。12月1日から4日までの間、飛行機での移動が可能で、もう一つの保釈条件である自宅監禁制限が一時的に免除されます。


月曜日、ベラスケスと彼の弁護団は、彼の母校であるアリゾナ州立大学で開催されている興行に出場する許可を求めました。


ベラスケスは現在、殺人未遂容疑で100万ドルの保釈金を払っていますが、これは彼が数人を乗せたトラックを追跡して発砲したとされる2月の事件に起因しています。そのうちの一人は、彼の子供と親戚の両方に性的暴行を加えたとされる男性でした。地方検事局はこの要求に異議を唱え、当初は新日程が公開日を過ぎているにもかかわらず決定の再延期を求め、延期された審理はもみ消されています。。


AAAがアメリカ国内で試合を行うのは2019年9月以来で、ベラスケスにとっては2021年12月にAAAのトリプルマニア・レギアで行われて以来のこととなります。


Wrestling Observer

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!