AAA:アリゾナでの興行にケイン・ベラスケスの出場許可が降りる!殺人未遂容疑による保釈条件となっていたGPSの着用、自宅監禁制限が限定的に解かれることに。


カリフォルニア州サンタクララの判事は、12月3日土曜日にアリゾナ州テンピで行われるAAAのイベントで元UFC世界ヘビー級王者ケイン・ベラスケスのプロレスを許可しました。


ESPNのマーク・ライモンディによると、ベラスケスはパガーノ&ブルー・デーモン・ジュニアと組み、トーラス、サム・アドニス&グリンゴ・ロコと対戦します。


ベラスケスは以前AAAで働いていたことがあり、保釈の条件に従って彼に取り付けられたGPSモニターを取り外すことができますが、旅行には法執行官を同行させなければならず、その費用も支払わなければなりません。12月1日から4日までの間、飛行機での移動が可能で、もう一つの保釈条件である自宅監禁制限が一時的に免除されます。


月曜日、ベラスケスと彼の弁護団は、彼の母校であるアリゾナ州立大学で開催されている興行に出場する許可を求めました。


ベラスケスは現在、殺人未遂容疑で100万ドルの保釈金を払っていますが、これは彼が数人を乗せたトラックを追跡して発砲したとされる2月の事件に起因しています。そのうちの一人は、彼の子供と親戚の両方に性的暴行を加えたとされる男性でした。地方検事局はこの要求に異議を唱え、当初は新日程が公開日を過ぎているにもかかわらず決定の再延期を求め、延期された審理はもみ消されています。。


AAAがアメリカ国内で試合を行うのは2019年9月以来で、ベラスケスにとっては2021年12月にAAAのトリプルマニア・レギアで行われて以来のこととなります。


Wrestling Observer

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???