Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:チャボ・ゲレロはドミニクのヒールターンのストーリーに大満足「ヒートが出てきたな。彼は非常に熱くなっている。本当にかっこいい。」


 

チャボ・ゲレロJr.は、ドミニク・ミステリオの現在のヒールのストーリーラインは長い間WWEで実現していなかったと考えています。


Wrestling Inc.のシニア・ニュース・エディター、ニック・ハウスマンとの最近のインタビューで、ゲレロ・ジュニアはミステリオが亡き叔父のエディ・ゲレロに言及し続けていることについて語った。レイ・ミステリオの息子であるドミニクは、2000年初頭の彼のヒールターンの際に父親と一緒に参加した、故エディと鏡のようなアングルについて言及しています。


子供の頃、ドミニクは父親であるレイ・ミステリオとエディが互いに反目し合っていた時に、父親とエディの間にある「本当の父親は誰? 」ストーリーの真っ只中にいました。ここ数ヶ月、ドミニクはヒールに転向し、かつてWWEのスマックダウン・タッグ王座を保持していた父親と確執を起こした。


「ヒートが出てきたな。彼は非常に熱くなっている。本当にかっこいい。彼とWWEがある意味でエディのアングルを使うのは避けられない...彼とミステリオとのアングルの全体から『アイム・ユア・パピ』の全体が生まれた。だから、それが起こるのは避けられなかったのです」 


父親の機嫌を取り、その過程でヒールターン後、ドミニクはレイ・ミステリオを騙した。これは、かつて亡きエディがミステリオに対してヒールターンしたことに敬意を表したものです。ドミニクは最近、 「Raw」 のプロモーション中にマイクで自分のことを 「この世代のエディ・ゲレロ」 と言っていました。


ゲレーロJr.はドミニクを「才能のある子供。 」と呼び、 「彼には (時間が) 必要なだけだ。それだけだ」 と続けました。「このビジネスは芸術のようなものです。2年でも4年でも5年でも学べない。実際に自分が何をしているのかを知るには、8~10年はかかる。本当にそうです」 。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!