ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:マット・サイダルが語る怪我をしてしまった時のトニー・カーンの反応「彼は自分たちを可能な限り支え、励ましてくれます。」


 

トニー・カーンはハグ愛好家だ。これはプレススクラムやミームでよく記録されていて、マット・サイダルによると、まさにレスラーが厳しい時に必要とするものである、と述べました。


サイダルは最近 「10 Count」 に出演し、今年初めにAEW大会以外の試合で負傷した彼に対し、AEW社長のトニー・カーンはどう感じているかと質問されました。サイダルによると、カーンはレスラーのフリーランス活動の形式よりも、彼の健康を気にかけていたそうです。


「トニー・カーンが俺の怪我を知った時、手術は必要なかったので彼は飛び上がって俺を抱きしめたんだ。彼は自分たちを可能な限り支え、励ましてくれます。それはまるで風船から空気が抜けるように、誰もが感じる挫折的な感情だったんだ。」 


サイダルによると、彼は自分の怪我の履歴について特に自意識を持っているという。


「左右を問わず怪我に悩まされているような気がします。 」


元IWGP Jr.ヘビー級タッグ王者は、この怪我の影響は予想外だったと語っている。


「今回は戻ってくることに集中するようになり、怒りが増した。ただ自分の中に火をつけただけだ。俺には世界のすべての時間があるわけではない。目の前のキャリアが一番長いわけではない。俺には22年の時間が残されているが、残りの試合はすべて、俺の人生で最高の試合になるだろう。なぜなら、俺は最高の仕事をしているからだ」 


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!