AEW:マット・サイダルが語る怪我をしてしまった時のトニー・カーンの反応「彼は自分たちを可能な限り支え、励ましてくれます。」


 

トニー・カーンはハグ愛好家だ。これはプレススクラムやミームでよく記録されていて、マット・サイダルによると、まさにレスラーが厳しい時に必要とするものである、と述べました。


サイダルは最近 「10 Count」 に出演し、今年初めにAEW大会以外の試合で負傷した彼に対し、AEW社長のトニー・カーンはどう感じているかと質問されました。サイダルによると、カーンはレスラーのフリーランス活動の形式よりも、彼の健康を気にかけていたそうです。


「トニー・カーンが俺の怪我を知った時、手術は必要なかったので彼は飛び上がって俺を抱きしめたんだ。彼は自分たちを可能な限り支え、励ましてくれます。それはまるで風船から空気が抜けるように、誰もが感じる挫折的な感情だったんだ。」 


サイダルによると、彼は自分の怪我の履歴について特に自意識を持っているという。


「左右を問わず怪我に悩まされているような気がします。 」


元IWGP Jr.ヘビー級タッグ王者は、この怪我の影響は予想外だったと語っている。


「今回は戻ってくることに集中するようになり、怒りが増した。ただ自分の中に火をつけただけだ。俺には世界のすべての時間があるわけではない。目の前のキャリアが一番長いわけではない。俺には22年の時間が残されているが、残りの試合はすべて、俺の人生で最高の試合になるだろう。なぜなら、俺は最高の仕事をしているからだ」 


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???