AEW:Dynamiteの視聴率はなかなか苦しい模様。18-49歳男性の視聴者数は上昇、しかし年齢層の平均も上がっているよう。一方、AXSの新日放送は………………


 

水曜日の感謝祭前夜に放送された『AEWダイナマイト』のTBSでの平均視聴者数は、前週比7.6%増の88万人でした。水曜日の夜に放送された『ダイナマイト』の視聴者数としては、6月22日以来2番目に少ない数字となりました。


18-49年のデモでは、Dynamiteは0.32の評価でケーブルテレビのチャートで6位に終わりました。これは前週比14.3%増で、Dynamiteの10月5日以来の最高評価に並びました。


18歳から49歳の男性で大きく増加しました。視聴者数は35.1%増の0.50人で、これはDynamiteの9月14日以来の最高視聴率です。一方、女性は18歳から49歳で25%減少しました。このデモでDynamiteが記録した0.15点という評価は、このカテゴリーで2022点中2番目に低いものでした。


同じ感謝祭前夜だった2021年の同じ週と比較すると、Dynamiteの視聴率は全体的に2%下がったが、18-49の視聴率は3.2%上昇しました。今週の番組の視聴率は、最近の平均と比較して8.6%下がったが、18-49でも下がりました。


AEWはこれまで若い観客層を抱えてきたと思われてきましたが、その状況は変わりつつあります。Wrestlenomicsのツイートによると、DynamiteとRampageの両方を見る人の年齢中央値はこの春から上昇しており、Dynamiteの中央地は48歳から51歳に上昇していると指摘されています。またRampageは53歳で、WWE RAWの中央値54歳と差がありません。またRampageは視聴率に苦しんでいると言われていますが、MLBやNBAとの大きな競争に起因しているとも言われています。


なお、今年に入ってから最も低い年齢中央値を示しているのは、AXS TVのNJPWで、18歳-49歳で0.0という驚異的な視聴率を記録しました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???