Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:ナタリア、女性だけのPPVの可能性について示唆「ステファニーはいつも女性の代表性を高めたいと思っています、75%男性の試合があって、25%女性の試合がある番組を望んでません。」


 

ビリー・コーガンが 「NWA EmPowerrr 2」 が起こる可能性についてコメントしたため、今週は女子レスリングのペイ・パー・ビューの未来が注目されています。しかし、WWEファンもまた、WWEエボリューションショーの開催を待ち望んでいます。

「Faction 919」 で再び起こる可能性について聞かれたナタリアは、 「ステファニーがもっと女子レスリングをやりたがっているのは間違いない」 と答えました。ナタリアはその番組でシックスメンタッグマッチに出場し、サーシャ・バンクスやベイリーと組んでライオット・スクワッド (The Riott Squad) を破り、それ以来、出場選手たちはエボリューションを定期的なイベントにしたいと明言しており、ナタリアは女子レスリングが成長し続けると確信しています。


「ステファニーはいつも女性の代表性を高めたいと思っていましたし、75%男性の試合があって25%女性の試合があるような番組は望んでいませんでした。彼女は男性と女性のハーフのショーを望んでいるし、WWEで女性の平等を望んでいるし、彼女はそれについて非常に声高に語ってきたし、それは本当に本当にクールです。私がこれらの新しい変化について最初に考えたことの一つは、特にステファニーとトリプルHに関して、彼らは女子レスリングを本当に気にかけているということです」 。


トリプルHとステファニーは女子部での仕事ぶりをしばしば称賛されてきたが、女子レスリングの成長にも影響を与えたヴィンス (マクマホン) には 「常に多大な感謝の意を表す」 といいます。しかし、トリプルHが女性を重視していることは最近の番組を見れば明らかです。「私が『NXT』にいたとき、トリプルHが最初に紹介したとき、彼は私に『いい試合だったね』と言われるようなものにしてほしい、って彼に言われたの」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!