AEW:5年ぶりの復帰でDMDと衝突!サラヤはバンプを取れるのか「今は狂ったようにバンプを取ることができません。だけど、バンプ0で試合に出るわけにはいかない。」


サラヤは、四角いリングに戻ってきた今、自分のリングスタイルを変えることについて語りました。


元WWEのペイジであるサラヤは、怪我のために5年近く引退を余儀なくされていましたが、最近再びレスリングをすることが許可されました。現在、彼女は復帰初戦、AEW Full Gear 2022でのブリット・ベイカーとの対決に向けて準備を進めています。彼女はリングで安全を保ち、2度目のチャンスを得た今、可能な限り長く夢を生きるために、レスリングスタイルを変えなければならないことを知っています。


The Sessionsでレネ・パケットと話したサラヤは、自分のスタイルをどのように変えていくかを説明し、後方からの攻撃は事前に極端にコントロールしてコールする必要があると述べました。


「レスリングをやっていた頃はあまり狂っていなかったし、マットワークとかそういうことをたくさんやっていた。バンプをするのが大好きでした。それが一番好きだったんです、バンプを取ることが。今は狂ったようにバンプを取ることができません。だけど、バンプ0で試合に出るわけにはいかない。後ろから何かをされたらできないことは十分に意識しています。これはPTSDの問題でもあります。『後ろから何もしないでください。絶対に許せないし、腹が立つ。何かに完全に慣れるまでは、気づかないうちに後ろから何もしないで。もしそれが、背中を打ち付けるようなラリアットとかキックのようなものだとか、簡単にコントロールを失ってしまうと言っているのです。それは注意しなければ。バンピングはトレーニング中とは異なります。体を後ろに投げ出すだけで、ほとんど首にかかるので、やり方を調整しなければなりません。クリームを塗ったり、自殺したりせずに、フラットバックを適切にバンプする方法を学ばなければなりません」 

「この試合は大きな瞬間です。人々は私が5年間レスリングをしているのを見たことがなく、彼らは私がWWEのキャパシティでレスリングをしているのを見ただけです」 。


今のところ、彼女は月に1回しかレスリングをしていませんが、サラヤは復帰が進むにつれて、より多くのキャラクターの仕事をしたり、ギミックのある試合に出場したりする機会を得ています。


Fightful


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???