WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:5年ぶりの復帰でDMDと衝突!サラヤはバンプを取れるのか「今は狂ったようにバンプを取ることができません。だけど、バンプ0で試合に出るわけにはいかない。」


サラヤは、四角いリングに戻ってきた今、自分のリングスタイルを変えることについて語りました。


元WWEのペイジであるサラヤは、怪我のために5年近く引退を余儀なくされていましたが、最近再びレスリングをすることが許可されました。現在、彼女は復帰初戦、AEW Full Gear 2022でのブリット・ベイカーとの対決に向けて準備を進めています。彼女はリングで安全を保ち、2度目のチャンスを得た今、可能な限り長く夢を生きるために、レスリングスタイルを変えなければならないことを知っています。


The Sessionsでレネ・パケットと話したサラヤは、自分のスタイルをどのように変えていくかを説明し、後方からの攻撃は事前に極端にコントロールしてコールする必要があると述べました。


「レスリングをやっていた頃はあまり狂っていなかったし、マットワークとかそういうことをたくさんやっていた。バンプをするのが大好きでした。それが一番好きだったんです、バンプを取ることが。今は狂ったようにバンプを取ることができません。だけど、バンプ0で試合に出るわけにはいかない。後ろから何かをされたらできないことは十分に意識しています。これはPTSDの問題でもあります。『後ろから何もしないでください。絶対に許せないし、腹が立つ。何かに完全に慣れるまでは、気づかないうちに後ろから何もしないで。もしそれが、背中を打ち付けるようなラリアットとかキックのようなものだとか、簡単にコントロールを失ってしまうと言っているのです。それは注意しなければ。バンピングはトレーニング中とは異なります。体を後ろに投げ出すだけで、ほとんど首にかかるので、やり方を調整しなければなりません。クリームを塗ったり、自殺したりせずに、フラットバックを適切にバンプする方法を学ばなければなりません」 

「この試合は大きな瞬間です。人々は私が5年間レスリングをしているのを見たことがなく、彼らは私がWWEのキャパシティでレスリングをしているのを見ただけです」 。


今のところ、彼女は月に1回しかレスリングをしていませんが、サラヤは復帰が進むにつれて、より多くのキャラクターの仕事をしたり、ギミックのある試合に出場したりする機会を得ています。


Fightful


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について