WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:元インパクトノックアウト王者マイク・ケネリスから見た現在のAEW女子部門の現状「自分たちで作ったスターを山程持ってる。今ちょうど物語が生まれて、到達するのには時間がかかるの」


AEWの女子部門の扱いは、ファンの間では以前から不満の声が上がっています。女子部門は過去1年間でいくつかの新しい追加を行ってきました。最新のPPVでは、ジェイミー・ヘイターが暫定AEW女子世界選手権で優勝したこと(後にサンダー・ロサから返上、正式な王者になる)や、サラヤのリング復帰など、3つの女子試合を行いました。元インパクト・ノックアウトのチャンピオンであり、AEWの新スターであるマリア・ケネリスは、"Just Alyx"のインタビューで、AEWの女子部門が向かっていると考える方向性について語りました。


「どの部門が始まっても、どのように融合していくのか、本当に分からない。彼らは自分たちで作ったスターを山ほど持っています。社内にはAEWブランドのスターがいますが、それは信じられないことだと思います。女性部門が非常に充実していて、自分たちの良さも分かっています。ジェイドとトニー(・ストーム)の間にいるみんな、今ちょうど物語が生まれ始めていて、到達するのに時間がかかる。作るのには時間がかかるの。今はAEWの女子部門で見た中で最高の時の一つだと思う」 


AEW Dynamiteの最新版では、ベイカー&ヘイターはJASのタイ・メロとアナ・ジェイ・AS、スカイ・ブルーとウィロー・ナイテンゲールを破りました。試合前、サンダー・ロサのAEW女子世界王座返上が発表され、ヘイターが正式にAEW女子世界王者となった。2022年11月25日放送の『ランペイジ』では、当夜唯一の女子マッチで志田光がクィーン・アミナタに勝利しました。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明