AEW:バックステージでのトラブルが続発……………ウィリアム・リーガルが絶対にやらない事とは「それは私の世界ではありません」


 

AEWのロッカールームでは、今年多くの舞台裏ドラマが展開されており、過去数ヶ月の間に複数の舞台裏での口論がありました。問題の一部は、レスラーが画面上で発言していたことに端を発しています。ウィリアム・リーガルは、AEWでの自身の経験と、同僚には絶対にしないことを思い出した。また、他の人が参加する理由を理解しているかどうかも明らかにしました。


リーガルは自身のポッドキャスト 「Gentleman Villain」 で、 「MJFの活動の一部であり、クリス・ジェリコの活動の一部であり、私がやってきたことについて話している。それは20数年前のことであり、私の人生の中で特定のことをしていた短い期間だった。顔が真っ赤になるくらい激怒させてもいい、だが楽屋でのゴシップは絶対にこぼさない。絶対にやらない。それは私の世界ではありません...人々が称賛を求めているので、私は他の人々がそうしなければならないようにしています」 


The EliteとCM PunkはAll Out後の行動の結果に対処しているため、舞台裏の問題はAEWの焦点となっています。アンドラーデ・エル・イドロは、サミー・ゲバラとの舞台裏での口論の後に自宅に送られてから1ヶ月以上、AEWの番組に出演していません。ゲバラが舞台裏で仲間のレスラーと問題を起こしたのはこれが初めてではなく、ほんの数ヶ月前には、彼とエディー・キングストンがゲバラのプロモカットをめぐって口論になりました。これにより、両者のAll Outマッチは破棄され、キングストンは会社から出場停止処分を受けました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???