ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:バックステージでのトラブルが続発……………ウィリアム・リーガルが絶対にやらない事とは「それは私の世界ではありません」


 

AEWのロッカールームでは、今年多くの舞台裏ドラマが展開されており、過去数ヶ月の間に複数の舞台裏での口論がありました。問題の一部は、レスラーが画面上で発言していたことに端を発しています。ウィリアム・リーガルは、AEWでの自身の経験と、同僚には絶対にしないことを思い出した。また、他の人が参加する理由を理解しているかどうかも明らかにしました。


リーガルは自身のポッドキャスト 「Gentleman Villain」 で、 「MJFの活動の一部であり、クリス・ジェリコの活動の一部であり、私がやってきたことについて話している。それは20数年前のことであり、私の人生の中で特定のことをしていた短い期間だった。顔が真っ赤になるくらい激怒させてもいい、だが楽屋でのゴシップは絶対にこぼさない。絶対にやらない。それは私の世界ではありません...人々が称賛を求めているので、私は他の人々がそうしなければならないようにしています」 


The EliteとCM PunkはAll Out後の行動の結果に対処しているため、舞台裏の問題はAEWの焦点となっています。アンドラーデ・エル・イドロは、サミー・ゲバラとの舞台裏での口論の後に自宅に送られてから1ヶ月以上、AEWの番組に出演していません。ゲバラが舞台裏で仲間のレスラーと問題を起こしたのはこれが初めてではなく、ほんの数ヶ月前には、彼とエディー・キングストンがゲバラのプロモカットをめぐって口論になりました。これにより、両者のAll Outマッチは破棄され、キングストンは会社から出場停止処分を受けました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!