Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

GCW:オーナー、ブレット・ローダーデールがCZW買収を目論んだことを明かす。2023年、活動は日本、ヨーロッパ全域に拡大する計画「FREEDOM、DDT、NOAH…………」??


 

Game Changer Wrestlingのオーナーであるブレット・ローダーデールは先週、Wrestling Inc.との独占インタビューの中で、別の著名な独立系レスリング会社を買収するところだったと明かしました。

ローダーデールはレスリング・インクのシニア・ニュース・エディター、ニック・ハウスマンとの対談で、最近コンバット・ゾーン・レスリングの買収を試みたが、直前になって破談になったと語りました。


ローダーデールはレスリング・インクに対し、 「事実だ。実際、CZWを買収する取引があった。覚書であるMOUに署名し、条件の概要を説明し、全当事者が署名しました。そして、そう、それは基本的に完了した取引だった。そして話を進める時間になると、 [CZWオーナーのDJ Hyde] は手を引いた。奴は怖気づいたんだろう。………あるいは誰かが彼の耳に入れたとか、それが何であれ、彼はただ救済しただけだ」 。


ローダーデールは2015年からハードコア・レスリングに特化したGCWを所有している。2017年、ローダーデールと現GCW世界チャンピオンのニック・ゲージは、Cage of Death 19というペイ・パー・ビューのイベントの最後に、アメリカの他のトップ・ハードコア・レスリング会社の一つであるCZWを侵略して話題となった。ハイドはその騒ぎに気付いておらず、紛らわしい騒ぎの結果、警察が会場に呼ばれたといいます。


その後、GCWは米国でもトップクラスの独立系プロモーションに成長し、今年初めにはThe Wrld on GCWというイベントで初めてペイ・パー・ビューを放映しました。


ローダーデイルは、2023年には日本やヨーロッパ全域への進出を含め、同社のリーチを国際的に拡大する計画があるとWrestling Inc.に語りました。「日本でもフリーダム、DDT、NOAH…………繰り返しになるが、これは始まりにすぎず、2023年の目標の一つである」 と述べました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!