Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

NWA:トレバー・マードックが昨今のNWA女子選手起用問題について語る「人々は簡単に否定的な意見に飛びつき、『お前らはクソ野郎だ』と言う」


 

トレバー・マードックが、NWA EmPowerrr 2が起きないことについてPWTorchでコメントしました。

ビリー・コーガンは、ペイ・パー・ビューを持ち、最初のEmPowerrrによって設定された基準に適合させるのに十分なテレビの準備ができている女性タレントがいなかったことが大きな理由だと述べ、NWA EmPowerrr 2が実現しなかったことについて率直に語っています。

トレバー・マードック はコーガンに同意し、なぜNWA EmPowerrrのフォローアップが行われなかったのかについての洞察を提供しました。


「どの方向に向かっても熱を帯びてくるテーマだ。『やるぞ』以外の答えは、誰も満足させられなかったと思います。まず最初のEmPowerrrを見てみよう。その番組には4分の1の女子選手が出演していました。世界中から選手が集まり、他の会社からも選手が集まりました。最初にEmPowerrrを開発したとき、他の企業とは異なる仕事上の関係を持っていました。第二に、最初のEmPowerrrを振り返ってみると、その番組には多くのレスラーが出演していた。多くの人が理解していない、誰かがその請求書を支払わなければならなかった。誰かがあの娘たちに金を払わなければならない、トニー (カーン) が口を揃えてレイラのために金を払ったと言いたかったくらいだ、それは素晴らしいことだが、ビリーはそのクソゲーの残りの部分をカバーした。莫大な金額だ」

「この人、あの人、この人を手に入れる。なんべんも話した。同じ意味で、あなたが彼女たちのファンであることは理解していますが、彼女たちが注目を集めるために必要なことをしていないのかもしれません。その発言には非常に多くの要素が含まれている。人々は簡単に否定的な意見に飛びつき、『お前らはクソ野郎だ』と言い、決定には多くの要因があり、成功させるためにはEmPowerrrに多くの要因がある。公にコメントをしていて動揺している人たちの中には、それは彼らの決定の一部であり、内密に、彼らはすべてを埋めていた。それが私を震え上がらせる。」

「公には一つのことを言いたいが、私的には逆のことを言っていた。誰かの汚れた洗濯物を外に出すつもりはない。馬の口から聞こえた。それには非常に多くの要因が絡んでいる。言うまでもなく、前回のEmPowerrrで予約した女の子の中には、日付が合わない人もいました。彼らはすでに他の場所を予約されていたか、私たちのためにレスリングをすることを許可されていない別の会社にすでにいました。どうしてそんなクソなことを考えるの?なぜそれをすべて考慮したのか。お金持ちのミュージシャンを見て、一言のコメントのために葬ってしまい、何も考えないのは簡単だ。それほど多くのプロモーションが行われていなかったため、さらに多くのデートや女性が自由に利用できた。今、私たちは再びその厚みに戻り、群衆の前で作業しています。人々は他の場所で職を得ようとしている。多くの要因が絡んできて、我々の手に負えなかった」 


コーガンはまた、第2のEmPowerrrショーに誰を参加させるかを検討する際には、レスリングのスタイルが要因であると述べています。

マスクルマンマルコムと話した際、マードックは会社が求めるであろうWAスタイルについて尋ねられた。


「女性を獲得しなければならない...我々はスマッシュ・マウス・スタイルのプロレスだが、安全でもある。なんてことだ、この答えには正解も間違いもないから、僕を葬ってくれる女子選手が出てくるんだ。当時、言われたことでは、一昨年と同じような質のショーができるだけの女性が集まっていなかった。世の中にはすごい女子レスラーがたくさんいると思いますし、まだすごい女子レスラーがたくさんいて、女の子がそれを殺しています。当時は、十分な量を見つけることができなかった。今では誰もが何千というリストを作っている。EmPowerrrの前にそのリストはありましたか?いいえ、ありません。しかし、誰もそのことを考えたがらない。流行に乗るのは簡単だ。現実的に考えましょう」 


コーガンは、このような 「売り」 を含む現実のある物理的なスタイルこそが、NWAであると語っています。彼のコメントはここをクリックすると確認できます。

マードックは、マット・カルドナ、タイラスとのトリプルスレットマッチを経て、NWA世界ヘビー級王座を防衛することになっています。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!