ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:"神童"ロクサーヌ・ペレスが選ぶWar Gamesドリームチーム!そして、今後の目標は大胆にもRAWとSDの女子王座同時戴冠!!?


 

ロクサーヌ・ペレスがWarGames Matchの夢のチームを選びました。


WarGamesはNXTで、このイベントを中心として毎年イベントが開催されています。WWE Survivor Series 2022では、この試合はメイン・ロスターで男子の試合と女子の試合の両方で使用されます。11月7日に放送された『WWE・ロウ』で、ビアンカ・ベレアが女子プロレスに挑戦した。ペレスは現在NXTに出場していますが、今後WarGames Matchに出場する可能性があります。

El Brunch de WWEでのインタビューで、ペレスはWarGamesの夢のチームを選ぶために指名されました。これに対して彼女は、ベッキー・リンチ、インディ・ハートウェル、ベイリー、AJリーを挙げた。彼女は、もしまだ友人でパートナーであったら、コーラ・ジェイドを選んだだろうと述べました。ジェイドは以前彼女を裏切ったので、それ以来二人は激しいライバル関係にあります。


「まあ、私ならコーラを選んだのですが、今それを失いました。しかし、私はインディ・ハートウェルを選び、ベッキー・リンチを選びます。難しい。他のレスラーも?私、ベッキー・リンチ、インディ・ハートウェル、私はAJ・リーを選び (笑) 、もう一人はベイリーを選びます」 


目標について、ペレスはベルトを獲得したいと述べました。ディーヴァスチャンピオンになるという幼少期の目標はもはや選択肢にないかもしれませんが、彼女は現在、RAWとスマックダウンの女子王座を同時に保持することを目標にしています。


「子供の頃の夢は常にディーヴァスチャンピオンだった。だから、もしこれが可能なら、私がRawとSmackDown Women's Championを同時にやったら (笑) 。WrestleManiaもそう」 


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!