WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

NWA:出場停止処分のニック・アルディスが団体に対し「恥ずかしい」と言った理由を明かす、オーナー、ビリー・コーガンとクリエイティブに関する相違が原因か


 

NWAの顔として長年活躍してきたニック・アルディスが、会社のオーナーであるビリー・コーガンとの相違により、プロモーションを離れることになりました。元NWA世界ヘビー級王者ですが、コーガンと対立しています。コーガンはその後、アルディスを出場停止処分にしましたが、これは彼が主張していたNWAの創造的方向性への批判によるものでした。


最近行われたNotSam Wrestlingのサム・ロバーツとのインタビューの中で、アルディスは自身が抱えていた数々の問題点について詳しく語りました。出場停止処分について質問されたアルディスは、自分が同団体を 「恥ずかしい」 と呼んだことが怒りの引き金になったのではないかと考えていると述べました。


「それが痛い部分だと確信している。それが彼の引き金になっている部分だと確信している」 


大きな問題は、コーガンのブッキングとクリエイティブへの関与の増加だったようです。


「見てください、悲しい真実ですし、私はこの話に時間を費やしたくはありませんが、基本的に、彼がより実践的になると物事は難しくなりました。なぜなら、最初はかなり不干渉で、かなり遠くにいて、あちこちでアイデアやメモを貸しているようなものだったからです。突然、それが別のものに変わってしまったので、これについてはできるだけ親切にしようと思います。彼はそれがあまり得意ではありません。

「そうでなければいいのですが、私が言うことではなく、観客が言うことであり、私が去ることを決めたのは、観客が大挙して去ったという事実から来ています。もはやそこにいるのは良い決断ではないし、実行可能な選択肢でもない」


アルディスの説明によると、現在のプロレス界における同社の地位の現実からすると、彼がプロレス界のトップとしての仕事に注ぎ込んだ努力のレベルは幾分打ち消されていました。


「スーツを着て、自分自身を特定の形に見せるのは簡単ではありません... 100人の前でレクセンターで仕事をしようとしていることがわかっているときに」 


彼は、自分のキャラクターへのコミットメントが、ファンが会社に投資するために必要なものだと信じていると述べました。


アルディスは、現在のショーは、自分がこれまで一生懸命作ってきたものを裏切るものだと考えていると述べました。


「私がやりたかったのは、現在のレスリングショーで人々が見逃しているような、ある種の過剰生産によるものであれ、別のメンタリティーによるものであれ、別のスタイルによるものであれ、すべてを代表するオルタナティブ・レスリング・ブランドでした。ラズリンを恋しがっている観客が、特に南部の観客のかなりの部分にいるような気がしたので、そういったものを全部渡しましょう。それだけだった。ハンバーガーとフライドポテト、赤と白と青のラスリンにしたかったように、私はそういうものが大好きだから。

「しかし、私がハイスポットが嫌いで、スポーツエンターテイメントが嫌いだからではありません。どちらかというとビジネスの観点から見ているものだった。こういうショーの市場にはギャップがあると思うんだ。あなたが言ったように、私がそれを実現するためのある種の影響力を持っていたとき、私たちはそのビジョンに向けてすべてを舵取りし、それがうまくいった...

「人々が私のところに来て、「あなたは私の大好きなレスリングをよみがえらせてくれた。おじいちゃんと一緒に見ていたのですが、おじいちゃんの思い出がよみがえり、とても幸せです。彼はこれを気に入ってくれるだろうし、これを見に来てくれればいいのにと思う。」と言う時、それは私にとって何かを意味する。裏切られたのを見て私も裏切られたと思った」。


コーガンの状況を 「 (コーガンは) 今出している製品を信じているが、私は信じていない」 と要約しました。


Wrestling Inc

Cage side seats

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について