TJPW:17歳の天才ビリー・スタークスインタビュー、高校3年日本語の勉強してきた夢の日本旅行の始まり

 



ビリー・スタークスが日本進出の準備を整えました。

17歳のスタークスは11月27日、東京女子プロレスに出場するため日本に向かいます。TJPWデビューとなったStarkzは、プリンセス・オブ・プリンセス選手権で坂崎ユカに挑戦します。スタークスはインディーレスラーとしてはトップクラスの地位を確立し、 「スピードボール」 マイク・ベイリー、伊藤麻希、ルビー・ソーホー、ニック・ウェイン、エフィなどとリングを共にしてきました。


Fightful OverbookedのKadenと話したスタークスは、近々予定されている日本渡航について話しました。


「ええ、とてもわくわくしてる。私が誰とレスリングをするか発表される数日前に知って、クレイジーだと思ったんです。『なんてこと、これは正気じゃない』って。間違いなくクレイジー。すべての夢が実現しつつあると感じているし、すべてが予想よりも早く実現しています。あっという間の出来事。このような機会を得るまではずっと長く続ける必要があると思っていたけど、「バン、バンバン 」って感じで、「なんてことだ、もう起きてるんだ。わかったわかった。 」って感じ。両親が最近一人旅をさせてくれるようになり、新しいコンセプトになったばかりだから、とてもエキサイティングで緊張してる。私は機転も効いて、自分の力で何でも解決できるので、マジで覚悟しています。まるでGoogleみたい。日本への旅行の準備ができていると感じているし、探検に行って何かを見るのが楽しみ。日本に行ったことのある友達が「これとこれを見なければならない。 」って言ってくれるんだよね。」


スタークスにとっては初めての日本旅行となるかもしれないが、彼女は高校時代から日本語を勉強するために日本語を習っていました。


「日本の女子レスリングが大好きで、見ていて楽しいし、世界最高の女子レスラーだから、文字通り何年も積み重ねてきたよ。日本語が知りたくて高校で3年間日本語を履修し、いつか日本に行くことを目標にしていました。今では日本語を少し知っていて、毎日この言語を話す人たちと日本語を使うと、とても混乱する気がします。『バカみたいに聞こえないといいんだけど』」 


スタークスはまた、日本への旅行を 「教育旅行」 として学校に承認してもらい、免除されない日が学校からなくなることにも言及しました。


彼女は11月12日のBLP Slamiltonでゾーイ・ルーカスと対戦することになっています。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???