AEW:ブライアン・ピルマンJr.、ドキュメンタリーで話題のテディ・ハートとの関係を語る「死ぬほど愛している。もちろん、私はハート家を愛しています。ただもう彼とは関係ないことを明確にした」


ブライアン・ピルマン・ジュニアはAEWの期待の星であり、特に2021年には現在のAEW世界チャンピオンであるMJFとの記憶に残る確執がありました。

AEWでの活動以前、彼は当初MLWでデイビーボーイ・スミス・ジュニアや常に物議を醸してきたテディ・ハートと共にニュー・エラ・ハート財団の一員として人気を博しました。ピルマンはWrestling Inc.のシニアニュース編集者ニック・ハウズマンとのインタビューで、ハートとの関係の現状についていくつかの洞察を与えた。


「かなり前に彼との連絡を絶ってしまいました。そして、ほとんどの人がその決定を称賛しています。彼らは「そんなことをするなんて頭がいい。 」と言った。死ぬほど愛している。もちろん、私はハート家を愛していますし、彼らは私にとてもよくしてくれました」


最近、Huluでハートについてのドキュメンタリー 「Dangerous Breed:Crimes」 が制作されました 。このシリーズは、ハートを取り巻く多くの論争やトラブルを中心に構成されている。ピルマンは、このシリーズへの参加を打診されなかったといいます。


「テディは、家族やすべてのことに関しては、部屋の中の大きな象、収まりきらない部分がありました。そして、MLWでの彼との経験に基づいて、私はもう彼とは関係ないことを誰に対しても非常に明確にしました。ドキュメンタリーが出るずっと前に決めたことです。私はテディと別れたかった。そして彼自身が助けを得られることを願った。彼のレスリングを続けたくなかっただけだ。彼を予約させ続けて輪に入れ続けたくなかった、もし彼がテディになるだけならね。 」


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???