AEW:サンダー・ロサのAEW女子王座返上は想定されていたよりも怪我からの復帰が遅れ、来年2月以降になる見込みから。ジェイミー・ヘイターは正式に王者となり、トニー・ストームの暫定王者期間を繰り上げて、王座記録として認定!


サンダー・ロサはAEW女子世界チャンピオンではなくなりました。


昨夜放送された 「AEW Dynamite」 で、腰の負傷が続いていることと復帰予定日が不透明なため、AEWがロサに王座を返上させました。この決定により、ジェイミー・ヘイターが先週末にペイ・パー・ビューのフルギアで行われたAEW暫定女子世界選手権を制し、正式なチャンピオンとして認められました。また、トニ・ストームが暫定王者として君臨していた過去の王座は、正式なAEW世界女子王座として記録されることになりました。


明らかにプロモーションの厳しい要求でしたが、Wrestling Observer RadioはどのようにAEWが彼らの決定に至ったかの最新情報を提供しました。オブザーバー紙によると、AEWは当初、ロサが活動を再開するのは今年の最後の2カ月間になると予想していました。しかし、彼女の復帰は来年2月以降になる見通しだということです。このニュースを受けてAEWは、負傷しながら夏の間AEW世界チャンピオンに君臨していたCMパンクに健康になるために2ヶ月の猶予を与え、 「一貫性を持たなければならない」 と感じたようです。


8月以降パフォーマンスを行っていなかった彼女は現在その枠を超えており、最終的にはAEWのトニー・カーンCEOがFull Gearに先立って行われたメディアとの電話会議で、まだ賛否を検討していることを明らかにしていました。


彼女は当初、3月16日放送の「St. Patrick's Day Slam 」のメインイベントでAEW女子世界王座を獲得しました。その夜、ロサはスティールケージの試合でブリット・ベイカーを破り、故郷のテキサス州サンアントニオで王座を獲得しました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???