ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:トリプルHがウォー・ゲームスで復帰したベッキー・リンチとの会話を明かす「復帰のリングを提案したら「くたばれ、行こう」って言われたんだ。」


 

11月25日に放送されたWWE SmackDownで、ベッキー・リンチはWWE Survivor SeriesのWarGamesにおけるビアンカ・ベレアのチームの5番目のメンバーとしてWWE TVに復帰しました。リンチはWWEサマースラム以降、肩を負傷し欠場していました。

WWE・サバイバー・シリーズの記者会見で、トリプルHはベッキーの復帰について語りました。


「ベッキーがここでシナリオの話をしているのを聞いたが、あんな大怪我をしてから復帰すると、本当に頭がおかしくなりそうになる。「これをやってもいいですか。怪我をする前と同じになるのでしょうか? 」ってな。ベッキーの場合は「何かしたら、瞬間的にこの拘束具が腕から外れるの? 」と言ったんだ。外科医やリハビリの過程など自分が経験してきたこと全てに大きな信頼を置かなければならないが、緊張して辛いものだ。」

「ベッキーの復帰前後の会話で初めてWarGamesという言葉が出てきた時、「復帰のリングはどうする?WarGamesはどうだ? 」と思った。彼女は少し考えを巡らせて「……本当に?」ってリアクションだったが、数分後の電話では、典型的なベッキーのやり方で、「くたばれ、行こう。 」と言われた。「ケージの上から飛び降りてテーブルの上から脚を落とすことを考えているけど、どう思う? 」って来たんだ。そのようなことに対する私たちのタレントに伴うコミットメントのレベルは、そのようなレベルの身体性を持っていない人にとって、日常的にどのような行動をすべきか理解が及ぶものではありません。(試合の中で)あのようなやり方で踏み込んできた彼女たちとベッキー、そしてあの怪我から立ち直ってくれたベッキー、そして今夜はみんなに敬意を表したい」 


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!