Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:スマックダウン女子王者シャーロット・フレアーがWWE退団の噂を否定?しかし、アンドラーデがSNSのフォローを解除

 

2021年はシャーロット・フレアーにとってある意味で難しい年でした。婚約者のアンドラデ・エル・イドロと父親のリック・フレアーがWWEを退団したのです。そのため、シャーロット自身がいつまでWWEにいるのかを推測する声もありました。しかし、スマックダウン・ウィメンズ・チャンピオンはすぐに会社を辞めることを考えていません。

「"さよなら"と言う為に、こんなに一生懸命

働いてきたわけじゃないわ」

アンドラーデは昨年3月にリリースを要求、AEWと契約し、AAAや他のプロモーションで試合をしています。また、今日、ソーシャルメディアのフォローからシャーロットを外しているのが判明しています。

リック・フレアーは、昨年8月に退団をしましたが、ダークサイド・オブ・ザ・リングでの疑惑を受けて、最近は身を潜めています。

シャーロットは自分の家族や私生活、特にアンドラーデとの関係を取り巻くメディアの注目を必ずしも快く思っていません。特に先月のクラウン・ジュエルの頃、彼女自身の居場所に関する記事を読んで、不快感を示しています。

「私はトリプルスレット(ベッキー・リンチ、サーシャ・バンクス、ビアンカ・ベレアによるスマックダウン女子王座決定戦)に出場する為、サウジアラビアに向かっていると報道がりましたが、私はメキシコにいました。」

フレアーは自分のキャリアに関する報道に不満を感じているのかもしれませんが、自分の利益になるなら、実生活とプロレスのストーリーを融合させる事も厭わないと認めています。その一方で、スクリーン上の自分の姿が、リングを離れた自分の姿を覆い隠してしまう事にうんざりつすることもあります。

「私は悪者であるべきです。正しい人には理解してもらえると思います。私が言う"正しい人"というのはキャラクターがあり、人がいるということです。あなたが冷静であれば、それを理解している筈です。この2つはわけて考える事ができます。でも、私は仕事であれ、プライベートであれ、日常生活で起こる全ての事を利用していて、それが私をよりよいパフォーマーにしてくれるのです。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!