Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:PPV「Full Gear」のPPV購入件数は14万5千件、トータル収益4億5千万円!史上2番目の売上げに。


 Wrestlenomicsによると、先週土曜日に開催されたAEW「Full Gear」は推定145,000件のペイパービュー購入数を記録したと報告されています。

9月に開催されたAll Outの205,000件より29.3%減少しましたが、AEW史上2番目に多く購入件数となりました。3月のRevolutionは135,000件、5月のDouble or Nothingは115,000件となっています。

今回の購入数は、従来のものとデジタルの購入、ライブとレイトなど世界中の全ての購入数を反映しているものです。従来のケーブルテレビ、衛星放送の配信は報告に時間がかかるため、販売数はそれに応じて変化します。また、通常売上げの10%を占めるレイト購入が予想を上回ったり下回った場合も、最終的な数字に影響します。

Bleacher Report社はFull Gearのライブ放送の国内デジタルペイパービュー唯一の配信会社であり、この事が米国内での購入に軽度の影響を与えたようです。FITEは生放送の翌日の日曜日に再放送を注文したい国内のファンの為にデジタル配信業者として追加されました。9月のAll OutではFITEとBRがライブ提供していました。

またFullGearは、Facebookを介して国際的に提供されました。Facebookでの購入はマイナーであることが指摘されました。

購入件数から見た場合、配給会社と分割する前のPPV収入は700万ドルと見られ、平均的な分配率45%と考えると、約300万ドルの収入を得たと見られます。また、その他チケット、グッズでトータル約400万ドルの収益を売り上げたと見られています。

WrestleTixによると、Full Gearの最終的なチケット配布数は10,442枚と発表されていますが、Wrestlenomicsではこの96%が有料チケットと仮定し、平均的なチケットの価格を65ドルとすると、約65万ドル。さらに会場での商品販売が1枚につき15ドル程度だとすると、さらに15万ドルの商品収入を得たと見られます。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!