Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:ジェフ・ハーディーが語る残された3つの目標「ローマン・レインズとの対戦、"ウィロー"の復活、兄マットとのハーディーズ再結成」


 ジェフ・ハーディーが語るプロレス界に残された3つの大きな目標とはなんでしょうか?

ジェフ・ハーディーは、プロレスの世界、特にWWEで出来る事はほぼ全てやってきました。WWE王者、世界ヘビー級王者、インターコンチネンタル王者、US王者、ヨーロッパ王者、ハードコア王者、ライトヘビー級王者、そして、兄マットとのタッグ王者を何度も経験しています。

キャリアの黄金期を過ぎたジェフは、自らのリストから幾つかの目標をチェックしようとしています。その一つはまだ獲得していない最後のWWEヘビー級王座、WWEユニバーサル王座を獲得することです、そのためにローマン・レインズを倒したいと考えています。

「何より考えているのは、3つの目標だと思う。一番はユニバーサル・チャンピオンになること、理想はローマン・レインズを倒す事だ。セスと一緒に戦ったり、ディーン・アンブローズがシールドを脱退する前にも彼と戦ったことがありますが、大きな出来事でした。今、ローマンとは互いに触れません。俺はその物語の中に、自分の居場所があると思っている。」

さらに、彼は自分の分身であるウィローの心の中に戻ってみたいと思っています。ブレイ・ワイアットがザ・フィーンドでやったこととは違うものになると感じているようです。

「2つ目に俺のアルターエゴ「ウィロー」がある。みんなが覚えているブレイ・ワイアットとザ・フィーンドがやったこととは違う事をやりたい。ウィローはWWEで成功する前の俺のメインだったので、俺の心の中にあり、大切な存在なんだ。」

最後に彼は、兄マット・ハーディーとの再開を望んでいます。マットは現在AEWに所属していますが、ジェフは再結成の場所はどこでも構わないと言っています。

「そして3つ目は、兄と再開する事。それがここであろうと、あそこであろうと、どこでもいいんだ。契約が切れたり、人が解雇されたり、いつも起こる事だ。だから、レスリングの中でも、外でも、何でも可能性はあるんだよ。」

兄マット・ハーディーは最近、弟がまだ好きな業界にいることをどれだけ喜んでいるのかツイートしました。

「弟をとても誇りに思います。彼はプロとしても個人としても、人生の中で素晴らしい場所にいる。幸運なことに、私は3人の息子を通して、毎日、一緒に過ごした子供時代を追体験する事が出来ます。私が恵まれた男であり、私達2人はまだレスリングを続けていて恵まれているのです。」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!