Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:Dynamiteでの女子部門の試合数をワーナーが制限しているという噂を否定


 ワーナーメディアとTNTの関係者が、AEWDynamiteでの女子部門のアクションを制限しているという噂は否定されました。

この1年程の間、ネットワーク関係者が番組での1エピソードにつき、女子部門の試合を1つしか望んでおらず、AEWの旗艦番組での女子アクションのレベルを制限しているという噂がありました。(男子に比べ、放映される女子の試合数が少ないことからもっと女子の試合を増やして欲しいという声が多い、DARKやElevationでの放送が相対的に多くなってしまっている)Fightful Selectによる報告では、このような命令が下された事は無く、女子の試合数に関して要求がなされたこともありませんでした。

これはAEWの中では、何か説明したり、他の人に伝えたりするものではないと指摘されています。むしろ、ワーナーメディアは良いコンテンツを重視していると言われており、ネットワーク関係者はAEWの番組が社会的にも良い評価を得て、テレビの視聴率も良いストーリーであることを特に喜んでいます。そのため、Dynamiteが視聴率や主要層の視聴率を獲得した際にはネットワークがプレスリリースを発表しています。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!