AEW:Dynamiteでの女子部門の試合数をワーナーが制限しているという噂を否定


 ワーナーメディアとTNTの関係者が、AEWDynamiteでの女子部門のアクションを制限しているという噂は否定されました。

この1年程の間、ネットワーク関係者が番組での1エピソードにつき、女子部門の試合を1つしか望んでおらず、AEWの旗艦番組での女子アクションのレベルを制限しているという噂がありました。(男子に比べ、放映される女子の試合数が少ないことからもっと女子の試合を増やして欲しいという声が多い、DARKやElevationでの放送が相対的に多くなってしまっている)Fightful Selectによる報告では、このような命令が下された事は無く、女子の試合数に関して要求がなされたこともありませんでした。

これはAEWの中では、何か説明したり、他の人に伝えたりするものではないと指摘されています。むしろ、ワーナーメディアは良いコンテンツを重視していると言われており、ネットワーク関係者はAEWの番組が社会的にも良い評価を得て、テレビの視聴率も良いストーリーであることを特に喜んでいます。そのため、Dynamiteが視聴率や主要層の視聴率を獲得した際にはネットワークがプレスリリースを発表しています。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???