国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月2日火曜日

ROH:女子王者Rok-Cが語る契約までの道程、恩人マリア・ケネリスのRok-Cへの評価

0 件のコメント :


 Rok-CはROHの新人からチャンピオンになるまでの道程を詳しく説明しています。リング・オブ・オナー史上最年少のチャンピオンとして歴史に名を刻んだRok-Cは、プロモーションの新人から女子部門の柱へと急速に成長しており、まさに雲の上の存在になったと言えます。彼女はチャンピオンになったことで、自分を疑う人がいなくなってほしいと言っていました。Fightfulのショーン・ロス・サップのインタビューで、王座奪取の経緯を語ります。

「昨年、パンデミックが広がる直前に、トーナメントが開催され、同時にトライアウトを実施することになっていて、そのトライアウトで1人が契約する事になっていたんです。私はとてもそれを楽しみにしていたのですが、パンデミックが広まった事で、トーナメント自体が実現しませんでした。プロレスが完全に無くなってしまったので、とても辛かったですし、多くの人が辛い思いをしたと思います。」

「その後、再び動き出しました。ジョナサン・グレシャムが私にメッセージを送ってきて「君の名前とEメールを送ってくれないか」って、私は「なるほど、これはランダムだな」って思いました。その後、デリリアスもメールを送って来て、私をブッキングできないかと聞いてきたんです。「待って、トライアウトも受けてないのに、ブッキング?」と思いました。とてもクレイジーなことです。水曜日の日に、女子部門の仕事をしてたらマリア(・ケネリス)から連絡が来て、「ねぇ、ゴールドへの最初のチケットがほしい?」といわれて「え?やった!」と思いました。」

金色のチケットとはつまり、会社との正式な契約に繋がります。Roc-Cは彼等への感謝を滲ませながら、この経験は彼女の人生の中で最もポジティブなものの一つだと述べました。

「番組を収録していたときは、まだ大会が始まっていなかったので、終わった時に「よし、楽しかったな」くらいで、実際に映像が出てくるまでは実感が沸かない感じでした。「うわ何?これはクレイジーじゃん」ってなって。制作チームすごい。全て見て、いろんなものが出てきた時に「待って、これめっちゃ現実じゃん」って思いました。」

「だから、自分の年のこと考えたら、めっちゃクレイジーで。物心ついたときからプロレスラーなりたいなーって思っていて。物事はうまくいくって思ってたけど、こんなことになるなんて思ってもいませんでした。超クレイジー。私は女子部門復活の最初の試合でした。そして、金メダルへの最初の切符を手に入れました。決勝戦に出場して、そして、今、私は契約しています。マジでクレイジー。だから、まだ実感が湧かないかも」

「あまりにも多くの事が起こってて、「これはクレイジー!クレイジーヤバっ!」って感じで、また別なことが起きて。とっても幸せな気分。マリア、ジョナサン・グレシャム、デリリアス、全ての人が私を信じてくれて、私の可能性を見てくれているという事実は本当にとても素晴らしいこと。特に私はとても若いので、彼等は「よし。これでいい、一緒に頑張ろう」って言ってくれるんです」

マリア・ケネリスは、彼女が今のリング・オブ・オナーに最適な女子チャンピオンであると信じる理由を語っています。

「彼女は年齢以上に成熟しています。彼女がインタビューに応じるようになると、人々の目に触れるようになると思いますが、彼女は本当にしっかりとした知性を持っています。彼女のお母様、お父様にもお会いしましたが、お二人とも素晴らしい方で、お母様と話していてとても面白かったです。「娘はスーパースターになって、いつか世界を股にかける存在になるかもしれない。けど、家に帰ってくれば、彼女はただのロックで、私の娘であり、凄い事だと思うわ」って。私の両親も同じように考えてくれました。私は22歳で始めましたが、若いチャンピオンにそのような基礎的な力があることがとても重要な事だと思います。」

マリアはRok-Cを誰とでも対戦させたいが、元IMPACTノックアウト王者のデオンナ・プラッゾと気質が似ているため、良い試合になるだろうと考えています。

「リング・オブ・オナーにはドアがないと言いました。誰もがForbidden Doorがあると話をしますが、ここには扉はありません。我々は誰とでも仕事ができます。今、業界で活躍しているほとんどの人がリング・オブ・オナーからスタートしてます。ですから、私達は「最高の相手と戦いたいなら、そのためにここに来なさい」と言います。それが未来のベストであれ、過去のベストであれ、これからのベストであれ、みんなここから生まれたのです。それを受け入れる事が出来ます。」

「ディアナやサンダー・ローサとも話しましたが、私達にとって疑問の余地はありません。チャンピオンに自信があります。唯一、デオンナだけ少し苦手かもしれません。彼女とRok-Cはリング上での気質が似ているので、素晴らしい試合になると思います。以前、別の会社で二度程たいせんしたことがあるかもしれませんが、前の試合から随分時間が経っているので、今、再選するのは面白いと思います。」

Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿