WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

新日本:ジュース・ロビンソン「俺は新日本に背を向ける事は無い。だけど、今の俺の人生は変わってしまった。」


 ジュース・ロビンソンは今後1年間は自分のボスになることを計画しています。

新日本プロレスでのキャリア復活に成功した後、NXTで元CJパーカーだったジュース・ロビンソンはIMPACTレスリングでアメリカのTVショーに再登場しました。現在、ジュースの契約状況が変わり、次のキャリアへの動きを熟孝しているようです。Instinct Cultureのインタビューでパンデミックにより変わった自分の人生や、新日本プロレスでの将来について語ってくれました。

「このパンデミックを乗り越えた俺の人生は、最初の頃よりもずっと良かった。俺の人生は完全に変わった。このパンデミックが始まったとき、俺は東京の小さなワンルームマンションに住んでいて、隣には世界最大の新宿駅があって、独身生活を送っていた。落ち着きたくないというわけではないけど、スローダウンする軽輩もなかった。今、俺は自分で買った家にいて、婚約していて、結婚する予定で、こうしている間も犬が走り回って俺を困らせている、まさにクレイジーなことです。」

「俺の心の中には常に新日本がある。彼等がいて、ボーイズがいて、俺にチャンスを与えてくれた、俺は新日本に背を向ける事は無い。だけど、今の俺の人生は変わってしまった。俺はもうポール・マッカートニーに自叙伝を鞄に入れて世界を旅したいと思っている25歳の子供じゃない。それはもう俺じゃない。だけど、俺はまだ新日本の一員でいたいとも思うし、どのようになるかはわからないけど、まぁ、そういうこと。」

ジュース・ロビンソンはIMPACTレスリングは自分にとって自然な感じがすると言い、いつも自分がアメリカのプロモーションにいることを予見していたと言います。

「IMPACTが大好きだ。ライト、カメラ、アクションが好きなんだ。テレビのプロレス、それが俺の育った環境であり、俺の思い描いているものなんだ。子供の頃、トランポリンをしたり、リビングで遊び回ってた時に、いつもアメリカの会社でカメラの前にいる自分を想像してたんだ。日本で慣れ親しんだものとはまったく違うから、それがあるからこそ、ずっとやっていたいと思えるのだと思う。日本に降り立ち、日本に馴染むとは思ってもみなかったし、馴染んだかどうかも分からないけど、結局5年も帰ってこなかったんだ。新日本でのやり方が自分に合っているかどうかは分からない。IMPACTでの方が自分には自然に感じられる事もあるんだ。」

彼はプロレス以外のことにも興味を持っており、今後1年間は浮遊して自分のボスになるつもりだと述べています。

「今は、レスリングよりも他に気になる事がたくさんあるから、しばらくは浮いていようと思う。本当にわからないんだ、どうなることやら。自分の仕事をして、自分のボスになって、自分のやりたい事を毎週のようにやる時期だと思っているんだ」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明