Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:新AEW世界王者ハングマン・ペイジが明かす家族、休暇、パンデミック禍での計画の変更


 ハングマン・ペイジは、昨夜の「AEW Full Gear」でケニー・オメガを破り、新AEW世界王者となりました。ショー後のメディアスクラムに参加したペイジは、家族を作る為に休暇を取った事や、ここ2、3年の間に頻繁に計画が変わったことについて質問に答えました。

「妻と俺は長い間一緒に過ごしてきた。俺はバレットクラブに所属していて、日本にツアーに行っていた。家族が欲しいと思った、今はその時か?いや、俺は忙しいんだ。その後、AEWが始まって、最初のチャンピオンになれるかもしれないタイミング。今その時か?いや、俺は忙しい。そうやって、俺達は適切な時期なんてものはないんだ、という答えに辿り着いた。これからもそれは同じなんだ。」

「俺達は家族を築く準備が出来てた。文字通り、自分のキャリアの中で最もホットな時期に、家に戻って時間を過ごすことを許可してくれたトニー(・カーン)には、とても感謝しています。意図していたよりも少し長く家にいることになりましたが、このような機会を与えてくれたことに非常に感謝しています。」

続いて、ペイジは、パンデミックや怪我のために、長いストーリーを途中で調整しなければならなかったことを語りました。

「(どのような計画が変更されたのか)全部だよ!2020年は世界的なパンデミックに見舞われました。観客を失った。怪我人が続出した。本当にたくさんの事があった。数え切れないほどのことがあった。2年前、3年前にやりたいことがあったとしても、今の状況とは比べ物にならない。俺にとって、それこそがレスリングの素晴らしさであり、奴らのパンチに合わせて動く事ができる。毎週水曜日には、「大変だ!これをどうしよう!」と何か新しい事が起こるんだ。」

ケニーとの試合後、リング上で元チャンピオンはペイジに何かを言いました。それについて聞かれたペイジは、何を言われたかを明かす事を避けました。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!