ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:"ハードコア・レジェンド"サブゥが最終戦の相手にブロック・レスナーを指名???

 

レスリング・シュート・インタビューズの取材で、サブゥは「おそらく」もうレスリングをしないだろうと発表しました。

「俺は片方の股関節を手術した。もう片方はまだ大丈夫。腰は1年前に痛めて、今も続いてる。2週間前にレスリングをしたがするべきではなかった。腰が痛いから、去年は2回しか試合をしてないし、ジムにも2、3回しか行ってない。おそらく、もうレスリングはしない。多分、サイン会や個人的な出演をするだけだ。」

しかし、サブゥは最後の試合について聞かれると、元UFCヘビー級チャンピオンとの試合を口にしました。

「ブロック・レスナーのために絶対にリングに戻る。俺の最後の試合、あいつとレスリングをしたい。まだ最終戦はあるだろう、そのための体調が整ってないから、自分を騙そうとは思ってない。あいつは最高だ、シュートの名手で、グッドワーカーで、俺の好みの相手だ。俺は大きなヤツとのレスリングア好きだ。俺みたいなヤツとのレスリングは面白くないから好きじゃない。ブロック・レスナーみたいな男とのレスリングの方が面白いんだ」

また、サブゥはビッグ・ショー、マイク・アッサム、ハルク・ホーガン、ジョン・シナも素晴らしいワーカーだと賞賛しました。

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!