WWE:トップ・ダラ、バックステージでのヒートに関する報道について反撃!


 本日、レスリング・オブザーバー・ニュースレターでNXT時代とメインロスターに上がってから、トップ・ダラは何人かの人に嫌な思いをさせたと報道されましたが、彼が反撃しています。前回の予算削減でB-Fabがリリースされた際に、WWEオフィスに電話をかけ、間違いだと伝えたと話しました。

彼がグループのリーダーに位置づけられており、ビンス・マクマホンはその体格から彼を後ろに置いていると見られていましたが、舞台裏やソーシャルメディアで声を出し過ぎる事について、彼や他のロッカールームのメンバーに対し、ある種のメッセージが送られた事は明白です。

「人の心を揺さぶるものはここにあります。自分の為に立ち上がること。ブリ(B-Fab)が釈放されて、自分で事務所に電話して、彼等がミスをしたことを伝えた時。自分自身の為に立ち上がる事。PCの中の人間が1年半の間、"Hit Row"はうまくいかないと言っていたが、俺はそのアドバイスを受け入れなかった。」

「信じて欲しい。俺は自分がどのように見下されたか、たくさんの話を持っているが、プロの仕事で倒れなかった。今日公開したビデオもプロの仕事。だが、こんなBSのリポートで俺の評判を落とすつもりはない。俺はテーブルをひっくり返して、茶をこぼすことだって出来るようになった。」

Wrestling News.co

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???