国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月4日木曜日

GCW:オーナーのブレッド・ローダーデールが明かすROHとの関係「ブリスコスと一緒に何かをするためには、複数の人の承認とサインが必要で、非常に複雑なプロセスが必要」

0 件のコメント :


 

 昨日のWrestling Inc Dailyではニック・ハウズマンがGCWオーナーのブレット・ローダーデールと対談しました。先日、ブリスコスがエフィとAJグレイを相手にROHでGCWタッグ王座を防衛する事が発表されました。ローダーデールは現在のGCWとROHの関係について語りました。

「ROHの将来がどうなるかなんて、今の時点では誰にも分からないので、何とも言えません。もちろん私はリング・オブ・オナーとも話をしましたし、彼等の経営陣とも会いました。彼等のタレント、特にブリスコスと一緒に何かをするためには、複数の人の承認とサインが必要で、非常に複雑なプロセスが必要となります。」

「正直、先週のニュースを見た時には、他の皆さんと同様に驚きました。そのことを知らなかったし、知りたいとも思いませんでした。緻密な計画があったわけでもありません。全ては自分のペースで、これがどうなるか、あれもできるかもしれない、これもできるかもしれないという感じでした。様子を見るだけで、複雑な計画はありませんでした、この先どうなるのか分からないから、今のままでいいのかもしれません。エフィとAJは自分達のタイトルを取り戻そうとしている。それが今の時点で私が知っている全てです。」

ROHは先週、PPVファイナルバトルの後、4月のスーパーカード・オブ・オナーでの復帰に向けて会社を「再構築」するべく休止する事を発表しました。その結果、タレント達は契約を解除され、自由に外部からのブッキングを受ける事が出来るようになりました。ここ最近、GCWでたくさんの仕事をしてきたROHのタレントには元ピュア・チャンピオンのジョナサン・グレシャムがいますが、彼との仕事がどのようなものだったのか語ります。

「グレシャムとは、何度か一緒に仕事をした事があります。彼は最高だよ。彼はプロ中のプロです。世界最高のレスラーの1人である事は間違いありません。彼の試合には穴がありませんし、彼を迎えるのはいつも楽しい事です。彼はトップレベルのパフォーマーであり、プロフェッショナルです。もっと一緒に仕事をしたいと思っています。」

ROH世界王者であるバンディードは今後のGCWのイベントに出場が発表されています。しかし、このように多くのトップタレントが突然登場すると、誰をブッキングするかを選択する際に問題が生じると、ローダーデールは指摘します。

「(問題が生じる)そのように見えるし、もちろん何人かとは話をしている。完璧な世界では、全員分の部屋を確保したいところですが、いつもそう簡単には行きません。私達は一つの会社です。たくさんのショーがありますが、同時にショーの数も限られます。願わくば、出来るだけ多くの方々と一緒に仕事をしたいと思っていますが、結局のところ、すでにここで自分達の事をやっています。これは一日一日のことであり、誰が次の仕事をするのかを見守りましょう。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿