WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:12月にAAAでの復帰が決まったケイン・ヴェラスケス、膝の状態やWWEでの経験について「俺が十分に成長していなかっただけだ。」


元UFCヘビー級チャンピオンのケイン・ヴェラスケスがThe MMA Hourに出演しました。ベラスケスは12月にAAAでプロレス復帰を予定しており、復帰を決めた理由について語りました。

「子供の頃から好きだったんだ。人も仲間も、プロレスのスタイルも、楽しいんだ。とにかく大好き。またこのような機会を得れた事を嬉しく思います。」

ヴェラスケスが最後にAAAに出場したのは2019年9月で、最後にテレビで放映されたプロレスの試合は2019年の「Clown Jewel」でした。彼は前回のリングでは膝に問題を抱えていたと報じられており、膝の手術を受けるという話もありました。

「してないね、ただブレース(補助具)をつけているだけだよ。でもまだ色んな事が出来てる。グラップリングも、レスリングもしてる。全ての事が出来るので、手術は控えてるんだ。」

彼はクラウンジュエルの一ヶ月後にWWEのライブイベントに出演したものの、そのあと何ヶ月もテレビ出演はありませんでした。その後、昨年の4月にリリースされた彼はその理由についてこう語りました。

「俺を使わなかっただけだ、呼ばれなかっただけの話さ。ある時、ルチャの連中と何かやると言われたんだ。それが近付いてきた時、パンデミックの真っ直中に入った。「俺等はこの方法でショーをやるだけなんだ、今はこのコアなメンバーが必要なんだ。」って感じで、俺自身がもっと成長する事を必要としていましたが、俺はそこ(フロリダ)にはいなかったから使うことも出来なかった。パンデミックの影響でメンバー全員がフロリダに住んでいて、ソーシャルディスタンスを取っていた。彼等は俺の事を十分に使っていないと感じていて、俺には多くの報酬を払っていたから、手放さなければいけなかった。俺は理解してる、それがビジネスだから。」

WWEでの経験を後悔しているか聞かれると、こう答えました。

「まぁ、主にパンデミックが原因だった。コアな選手を残す為には、多くのロスターを減らす必要が会った。俺が十分に成長していなかっただけだ。しばらくの間、あのスタイルのレスリングを練習する必要があったんだ。もっともっと成長する必要があった。WWEに行った事は後悔はしていない。運命だったんだ」

「"WWE"がどういうものか、会社がどのように機能しているか、すべてを知るという経験が出来て良かった。とてもいい勉強になった。俺が出来る事は、次の機会があれば、そこから学んで、次のチャンスを得る事です。彼等がしてくれた事が大好きです。彼等はとてもサポートしてくれました。」

Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について