国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月1日月曜日

WWE:12月にAAAでの復帰が決まったケイン・ヴェラスケス、膝の状態やWWEでの経験について「俺が十分に成長していなかっただけだ。」

0 件のコメント :

元UFCヘビー級チャンピオンのケイン・ヴェラスケスがThe MMA Hourに出演しました。ベラスケスは12月にAAAでプロレス復帰を予定しており、復帰を決めた理由について語りました。

「子供の頃から好きだったんだ。人も仲間も、プロレスのスタイルも、楽しいんだ。とにかく大好き。またこのような機会を得れた事を嬉しく思います。」

ヴェラスケスが最後にAAAに出場したのは2019年9月で、最後にテレビで放映されたプロレスの試合は2019年の「Clown Jewel」でした。彼は前回のリングでは膝に問題を抱えていたと報じられており、膝の手術を受けるという話もありました。

「してないね、ただブレース(補助具)をつけているだけだよ。でもまだ色んな事が出来てる。グラップリングも、レスリングもしてる。全ての事が出来るので、手術は控えてるんだ。」

彼はクラウンジュエルの一ヶ月後にWWEのライブイベントに出演したものの、そのあと何ヶ月もテレビ出演はありませんでした。その後、昨年の4月にリリースされた彼はその理由についてこう語りました。

「俺を使わなかっただけだ、呼ばれなかっただけの話さ。ある時、ルチャの連中と何かやると言われたんだ。それが近付いてきた時、パンデミックの真っ直中に入った。「俺等はこの方法でショーをやるだけなんだ、今はこのコアなメンバーが必要なんだ。」って感じで、俺自身がもっと成長する事を必要としていましたが、俺はそこ(フロリダ)にはいなかったから使うことも出来なかった。パンデミックの影響でメンバー全員がフロリダに住んでいて、ソーシャルディスタンスを取っていた。彼等は俺の事を十分に使っていないと感じていて、俺には多くの報酬を払っていたから、手放さなければいけなかった。俺は理解してる、それがビジネスだから。」

WWEでの経験を後悔しているか聞かれると、こう答えました。

「まぁ、主にパンデミックが原因だった。コアな選手を残す為には、多くのロスターを減らす必要が会った。俺が十分に成長していなかっただけだ。しばらくの間、あのスタイルのレスリングを練習する必要があったんだ。もっともっと成長する必要があった。WWEに行った事は後悔はしていない。運命だったんだ」

「"WWE"がどういうものか、会社がどのように機能しているか、すべてを知るという経験が出来て良かった。とてもいい勉強になった。俺が出来る事は、次の機会があれば、そこから学んで、次のチャンスを得る事です。彼等がしてくれた事が大好きです。彼等はとてもサポートしてくれました。」

Wrestling Inc


0 件のコメント :

コメントを投稿