Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ジュニオール・ドス・サントスにプロレスの動きを教えたのは、キング・モー??AEW登場もありえる??


 アメリカン・トップ・チームのダン・ランバートは先日マイアミ・ヘラルドのジム・ヴァランサーロと対談をし、AEWについて語りました。AEWでプロモを担当する前、彼はIMPACTとMLWでボビー・ラシュリーとキング・モーのためにプロモを担当していました。それらの経験が、現在の活動に役立っているかを語りました。

「それらは本当にいい練習になった。40年にも渡り、浴室の鏡の前で、くだらないプロモをカットする真似をするのを本当の練習と数えない限りはね。人前に出て、自分の言いたい事を伝える為に、必要なことをいくつかやる練習になった。私はただそこに出て、自分の考えている事を言い、流れに身を任せているだけだが、今のところ上手くいっているようだ。」

キング・モーは現在もMLWに参戦しており、Fightland、Battle Riotにも主演しました。ランバートは彼がATTのために行ってきた仕事に就いて、AEWでキング・モーがATTを助けるような事態をファンが期待出来るかどうかについて話しました。

「キング・モーは、我々がこれまでにジムで経験してきた中で、最高のチームメイトであり、だからこそ、彼がこのような良いコーチになると分かっていたんだ。彼はフルタイムで戦っているときでさえ、多くの時間を費やし、他の選手を助けていた。彼がコーチに転身するのは自然なことでしたし、プロレスのキャリアに関しても、彼はレスリングスクールに通い、WWEの開発テリトリーにも所属していた事があるんだ。」

「AEWのクロスオーバーを始めてすぐに、彼は参加していた選手達を捕まえて「ちょっと見せろみろ、どうやって動くか見せてやるよ」と言ってくれました。彼はJDS達の最初の試合の前に大きな助けとなりました。いつも私達のジムに来て、他の選手達を助けようとしてくれます。彼はどこかと契約していますが、トニー・カーンはForbidden Doorを開けたがるので、キング・モーがいつの日か扉を通っても不思議ではありません。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!