ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:タヤ・ヴァルキリー大激怒ツイート!「タレントへの敬意がゼロの会社を応援するのはやめましょう。」

 

タヤ・ヴァルキリー、ファンにWWEのサポートをやめるよう促しました。

11月18日、WWEは2019年末に再契約したジョン・モリソンの契約を解除しました。モリソンは定期的にテレビに登場し、ミズが寝返った後、"Dancing With The Starsに"ミズが出るまでチームを組んでいました。モリソンハソロでテレビに残っていました。

WWEでフランキー・モネを名乗っていたヴァルキリーは、2021年2月にWWEと契約、4月にデビューし、9月にNXT女子王座に挑戦した後、11月4日にリリースされていました。

ソーシャルメディアに登場したヴァルキリーは、今回のリリースを受け、WWEがより多くのタレントをリリースすることに対して、自分の考えを包み隠さず述べました。

「タレントへの敬意がゼロの会社を応援するのはやめましょう。プロレスが好きなら、その他の何百もの代わりの手段にお金を使ってください。これは間違っています。倫理的にも、雇用者として、彼等は私達の事を気にしていません、タレントのことも、ファンのことも。」

 




この1年でWWEは80名ものタレントを契約解除しています。

Fightful



 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!