WWE:タヤ・ヴァルキリー大激怒ツイート!「タレントへの敬意がゼロの会社を応援するのはやめましょう。」

 

タヤ・ヴァルキリー、ファンにWWEのサポートをやめるよう促しました。

11月18日、WWEは2019年末に再契約したジョン・モリソンの契約を解除しました。モリソンは定期的にテレビに登場し、ミズが寝返った後、"Dancing With The Starsに"ミズが出るまでチームを組んでいました。モリソンハソロでテレビに残っていました。

WWEでフランキー・モネを名乗っていたヴァルキリーは、2021年2月にWWEと契約、4月にデビューし、9月にNXT女子王座に挑戦した後、11月4日にリリースされていました。

ソーシャルメディアに登場したヴァルキリーは、今回のリリースを受け、WWEがより多くのタレントをリリースすることに対して、自分の考えを包み隠さず述べました。

「タレントへの敬意がゼロの会社を応援するのはやめましょう。プロレスが好きなら、その他の何百もの代わりの手段にお金を使ってください。これは間違っています。倫理的にも、雇用者として、彼等は私達の事を気にしていません、タレントのことも、ファンのことも。」

 




この1年でWWEは80名ものタレントを契約解除しています。

Fightful



 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???