Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:タレントリリースの裏で、第3四半期の財務状況を発表。ツアー再開とグッズ売上げ増加による好調をアピール?


 WWEは9月30日に終了した2021年第3四半期の財務状況を発表しました。

WWEは2億5580万ドルの収益を報告し、15%(3420万ドル)の増加となりました。この増加は、ツアー復帰によるチケット販売と開場でのグッズ販売の増加によるものだとしています。

WWE会長兼CEOであるビンス・マクマホンはプレスリリースの中で、予想を上回る業績をアピールしました。

「第3四半期には、ライブイベントのツアーに復帰し、平均入場者数が記録的に増加したことで、予想を上回る業績を達成する事が出来ました。COVID関連の事情で大規模な国際イベント(サウジアラビアでの興行)が一つしか開催されなかったにも関わらず、各ビジネスラインが全体的に好調であったため、前回の業績ガイダンスを上回る事が出来ました。当社の業績は世界的な当社ブランドの強さを浮き彫りにし、当社がコンテンツの勝ちを最大化し、長期的な株主価値を促進する為の有利な立場にあるという信念を裏付ける物だと考えています。」

営業利益は、前年同期比1%増加の6,400万ドルとなりました。これは売上高の増加に加え、COVIDに関連した退職金費用が前年同期に比べ、発生しなかった事によるものです。この効果はテレビ番組やイベント関連の制作費の増加によりほぼ相殺されました。

調整後のOIBDA(減価償却前の営業利益)は8%減少、7,790万ドルで、前年同期の調整後OIBDAにはCOVID関連の退職金が含まれていません。

WWEは2021年7月16日からライブイベントツアーに復帰しましたが、チケットの需要が予想を上回る好調な結果となりました。北米で開催されたWWEのライブイベントは、四半期ごとの平均観客動員数が過去10年以上で最高となった。

ラスベガスで開催されたサマースラムでは、51,000人以上のファンが訪れ、記録的な完売となりました。当社史上最も視聴されたサマースラムとしてスポンサーシップの記録も更新し、2019年のサマースラムと比較して商品売上げが155%伸びました。

デジタルビデオの視聴回数は過去最高の128億回(39%増)、消費時間はデジタルおよびソーシャルプラットフォーム全体で過去最高の4億1100万時間(20%増)となりました。

株主への資本還元は、株式買い戻し2,190万ドル、配当金支払い910万ドルを含む合計3,100万ドル

業績見通しとして、当社は1月に2021年通年の調整後OIBDAガイダンスを2億7,000万ドルから3億500万ドルと発表しました。これまでの実績と通期の予想の集積に基づき、当社はガイダンスを引き上げます。調整後のOIBDAは大規模な国際イベントを1つだけ開催する事で、3億500万ドルから3億1,500万ドルの範囲内となる見通しです。修正された通期見通してでは、2020年第4四半期の調整後OIBDAは5,120万ドルであったのに対し、7,500万ドルから8,500万ドルとなります。前年同期比での増加は昨年行えなかった大規模な国際イベントを1件実施したことによるものです。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!