Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ボビー・フィッシュが古巣ROHの活動休止への思いを明かす「ボーイズ、ガールズに仕事を提供し、働く場と給料を得ることが出来る場所がなくなるのは、決して良い事ではない。」


 ボビー・フィッシュがROHの今後の活動休止について語っています。先日、20年間に渡ってトップレベルノのインディペンデント・レスリングを提供してきたROHが「再構築」のために2022年の第1四半期まで活動を休止する事が発表されました。ROHで働いている多くの人がこの事について語っていますが、ROHにはプロレス界で王座を獲得した多くのOB、OGのリストが存在します。

その1人がボビー・フィッシュです。カイル・オライリーとのタッグでROHタッグ王座を獲得、自身もROHTV王座も獲得したボビーは、Highspotsのバーチャルサイン会で自身のROH時代について語り、これから新しい職場を見つけなければならない人達を気遣っていました。

「それはそれでいい、私はその場所でのメモリーを楽しんでる。私が心配しているのはボーイズのことだ。ボーイズ、ガールズに仕事を提供し、働く場と給料を得ることが出来る場所がなくなるのは、決して良い事ではない。ただそこにいる全てのロッカールームの人達に最善を尽くして欲しいと願っている。シンクレアの経営陣やその他のことについては、知らない、そこまで気にしてない。あのロッカールームにいる友人達には、成功して面倒を見てもらいたいし、家族の面倒も見てもらいたいと思ってる。」

「AEWには若い才能が溢れていて、会社の中でクールで面白い事をやっていると思う。それ以外のことは私にはよく分からない。ROHの件で、私が関心を持っている人達、ジェイ・リーサルやダルトン・キャッスル、マット・テイブンのように、才能あるパフォーマーには働く場所や家と呼べる良い場所を提供して欲しいと思っています。だから、彼等がどこかに現れて、何か成し遂げるのを見てみたいんだ。」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!