国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月1日月曜日

FMW-E:大仁田との一騎打ちを控えるマット・トレモントが口にした次なる標的はコーディ・ローデス!?「俺はAEWが存在する前からあいつを呼んでた。フルタイムの契約なんていらない」

0 件のコメント :


 

 H20レスリングのプロモーターでありデスマッチ界のレジェンドであるマット・トレモントが、The Wrestling Inc.Dailyに出演し、今夜行われるFMW-Eのプロモーターで同じくデスマッチ界のレジェンドである大仁田厚との試合を控えています。この試合は取れ門とにとって1年前に引退してからの初めての試合となりますが、リングでのキャリアを再開した今の目標を尋ねました。

「1年前に引退した時、個人的には、他の理由で復帰したいかどうか分からない時期があった。俺は幸運にも、自分の予想をはるかに越えるような事をたくさんしてきたが、ずっとやりたいと思っていたのは、全米規模のプラットフォームで何かをすることだったんだ。」

「引退する1、2年前にコーディ・ローデスを呼んだ。俺が望んでいる試合の一つで、大仁田との仕事を別にすれば、俺のキャリアの中で最大の試合になるだろう。俺は戻ってきたけど、何をするかはかなり選別することになる。俺の試合はH20で行われる。俺の生徒たち40数名とは、それぞれ試合をすることを約束した。その中でも、他のカンパニーとの試合もあるだろう。コーディ・ローデスとその話をするのは素晴らしい事だと思う。」

最近のメディアコールで、AEW EVPのコーディ・ローデスはトレモントとデスマッチをすることも考えたが「その引き金を引かなかった」と述べています。トレモントは彼との試合を特に望んでいる理由を説明しました。

「あいつの父親の試合を見て育ち、あいつの仕事を見てきた。あいつがインディペンデント・シーンに登場した時、俺が賞賛したのは、あいつの勤勉さと努力、そして、北のWWEから世界に飛び出し、インディペンデント・シーンであいつが行ったことをそこで実行し、今日のような成果を生み出す事ができたことだ。俺はAEWが存在する前からあいつを呼んでた。フルタイムの契約なんていらない、そんなものは望んでいない」

「いつかあいつと一緒にリングで物語を語る機会が欲しいし、それが出来ればもっと幸せだ。俺は32歳だが、16歳の時から働いてる。トレーニングをして体に負担をかけてきた。今、試合をするとしたら、回復して自分の事が出来るように、試合自体をもっと分散して行うだろう。だが、俺には他にも多くの義務がある。生徒達を優先して、あいつらのビジネスの道が良いものであるように、あいつらがビジネス以外の場所で何をしているのかも確認している。俺には妻と犬だけだが、彼女等が元気でいてくれるように気を配ってる。」

トレモントは映画監督のケニー・ジョンソンと協力して、大仁田とのハロウィーンナイト・デスマッチのプロモーションビデオを制作しました。トレモントはジョンソンとの仕事について次のように語っています。

「昨日、著名なドキュメンタリー映画監督のケニー・ジョンソンに迎えに来てもらって、車で球場に行ったんだ。俺が盛り上がってたから、その場でいくつかの撮影をした。俺はあまり眠らないんだが、先日、朝早くまで起きていて、やる気があったのでアイデアをいくつか出していたんだ。それを彼に伝えると、彼は「木曜日に会おう」と言ってくれた。これは大きなPPVの前に、もう一度ショーを売り込む為のプロモの一つだ。もし、俺が子供で、ハロウィンのお菓子を全部貰った後、家に帰って2人の男が吹き飛ばされるのを見たら、ハロウィンをエンジョイするだろうな」



Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿