WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:ビッグEが語る王者になって変わった事、有色人種がレスラーとして活躍する事の意義


 WWEチャンピオンのビッグEはSportsNetのインタビューで、WWE RAWのトップに立ったこれまでの経験について詳しく語りました。The New Dayのメンバーは、会社での新しい役割に伴い、プロレス以外の機会も増えている事を説明しました。

「私は整えられたタレントです。周りにいて、新しくはありませんでした。大きな違いがあるとは思っていませんでしたが、実際にはあります。手を差し伸べてくれる人の数や機会の多さという点では。フューリーvsワイルダーの一員になる機会(ボクシングの頂上決戦のイントロダクターを務めた)もありました、むしろ小さな事でも本当に素晴らしい事です。また、アイオワシティに戻って、アイオワのフットボール史上最大のホーム戦で勝利を収める事も出来ました。これはタイトルに付随する特典であり、非常に素晴らしい事だと思います。」

「私にとって物事は本当に良くなっています。こういったこと、特に自分の好きな事が出来るのはとても幸運な事だと思っています。大学のフットボールは子供の頃の初恋でしたし、17年前にプレーした時と同じヘッドコーチと一緒に母校に戻れるのは本当に素晴らしいことです。忙しかったですが、とても良い事ばかりでした。」

過去にも黒人のWWE王者や世界王者はいましたが、WWEではここ5年間でトップチャンピオンが有色人種になるケースが増えています。その中には、元WWE王者ボビー・ラシュリー、元WWEスマックダウン女子王者ビアンカ・ベレア、もちろんビッグE自身も含まれています。彼は人種、信条、信念に関わらず、全ての人の成功にシフトしていることが、WWEの顧客に大きな影響を与えていると考えています。

「本当に素晴らしい事だと思います。WWEでも、WWE以外でも、この業界の状況を見渡すと、男性であれ女性であれ、黒人のプロレスラーになるには本当に良い時代になったと感じています。周りを見渡すと、たくさんのスターがいます。また、私が気に入っているのは、私達のロスターを見たとき、単に肌の色を理由にして、ある種のクォーターシステムのようにチャンスやポジションを与えられた人達を見ない事です。ビアンカやサーシャを見て、否定出来ません、明らかにユニークです。コフィやウッズ、ボビー・ラシュリーもそうだし、他にも色々います。本当に、本当に才能ある黒人レスラーがたくさんいます。」

「私はHit Rowが何かしているのを見るのも好きです。彼等がスマックダウンに移籍したのを見るのも楽しいし、エキサイティングだ。私達にとって素晴らしい時代になりました。私は、若い黒人の子供だった時、プロレスファンで、お気に入りはゴールドバーグとスコット・スタイナーでしたが、ロン・シモンズも好きでした。若いファンが、自分に似た人や似ている人を見る事が出来ると、「そうか、この業界は自分に語りかけてくるんだな、ファンを無視している訳ではないんだな。」と思う事ができます。いつかやりたいと思っている事であれば「あぁ、これは私にも出来ることなんだ」と思えます。」

「なので、これは素晴らしい事だと思いますし、私達の会社が私達の住む世界と同じような登録者数で、周りの世界を反映し続けることを願っていますし、それが目標だと思っています。黒人の才能、ヒスパニックの才能、日本の才能の多さなどこの方向に進み続け、人々が自分らしく、個性的である事を望んでいます。私は、WWEや世界中の多くの才能ある黒人レスラーの1人である事を誇りに思っています。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明