Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:トニー・カーンがアーチャーが復帰に向けた数々のテストをクリアをしたと報告、復帰時期はまだ未定だが急ぐ必要はないと話す。


ランス・アーチャーは快方に向かっています。

アーチャーが最後に試合をしたのは、10月23日のAEW DynamiteでAEW世界王座エリミネーター・トーナメントでエディ・キングストンに敗れました。この試合でアーチャーはムーンサルトを試みた後、頭がマットに突き刺さり、負傷しました。Full Gearの後のメディアスクラムでトニー・カーンがアーチャーの最新情報を提供しました。

「彼はここにいます。元気です。ありがたいことに、彼は無事に帰ってきました。頭ではなく、首の怪我でした。ここ数週間の衝撃テストや脳震盪のテストなど、全てクリアしています。首を捻った状態でしたが、大丈夫です。」

「(復帰時期については)正確には分かりません。急ぎたくはない。我々にはたくさんの素晴らしいスターがいます。ランスは我々にとって本当に重要なレスラーで、テキサス・デスマッチでIWGP USタイトルを獲得するなど多くの素晴らしい功績を成し遂げています。棚橋との試合も素晴らしかった。正確な日程は分かりませんが、彼を急かす意味はないと思っています。首の怪我の場合、急ぐ必要はありません。今日も彼は会場に来て、ドクターが様子をチェックしていました。とても元気で、素晴らしい2021年を過ごしています。」

アーチャー自身もTwitterでFull Gearを会場で見ているとおぼしき様子を公開しています。



Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!