国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月15日月曜日

AEW:トニー・カーンがアーチャーが復帰に向けた数々のテストをクリアをしたと報告、復帰時期はまだ未定だが急ぐ必要はないと話す。

0 件のコメント :


ランス・アーチャーは快方に向かっています。

アーチャーが最後に試合をしたのは、10月23日のAEW DynamiteでAEW世界王座エリミネーター・トーナメントでエディ・キングストンに敗れました。この試合でアーチャーはムーンサルトを試みた後、頭がマットに突き刺さり、負傷しました。Full Gearの後のメディアスクラムでトニー・カーンがアーチャーの最新情報を提供しました。

「彼はここにいます。元気です。ありがたいことに、彼は無事に帰ってきました。頭ではなく、首の怪我でした。ここ数週間の衝撃テストや脳震盪のテストなど、全てクリアしています。首を捻った状態でしたが、大丈夫です。」

「(復帰時期については)正確には分かりません。急ぎたくはない。我々にはたくさんの素晴らしいスターがいます。ランスは我々にとって本当に重要なレスラーで、テキサス・デスマッチでIWGP USタイトルを獲得するなど多くの素晴らしい功績を成し遂げています。棚橋との試合も素晴らしかった。正確な日程は分かりませんが、彼を急かす意味はないと思っています。首の怪我の場合、急ぐ必要はありません。今日も彼は会場に来て、ドクターが様子をチェックしていました。とても元気で、素晴らしい2021年を過ごしています。」

アーチャー自身もTwitterでFull Gearを会場で見ているとおぼしき様子を公開しています。



Fightful

0 件のコメント :

コメントを投稿