Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

IMPACT:チェルシー・グリーン、来年はAEW参戦も画策??親友デオンナとのタッグ再結成も視野に「2022年は私の年かも知れません。」


 チェルシー・グリーンはフリーエージェントとして様々な事に目を向けています。

4月にWWEからリリースされて以来、グリーンはROH、IMPACT、GCW、その他の様々なインディペンデント・プロモーションに現れています。

彼女はあらゆる場所に行っていますが、まだAEWをリストから外していません。彼女は2022年にそれを買えたいと思っています。

「私が行っていないプロモーションはAEWです。私はまだAEWの公式なリングには上がっていません。All Inでは唯一の女性の試合でしたが、そろそろこの選択肢を模索する時期に来ていると思います。この半年間で探求していなかった事です。2022年は私の年かも知れません。」

WWEで提案されたミッキー・ジェームズとの試合の可能性について聞かれたチェルシーは「Never say never.ミッキーと私はそれを望んでいます。絶対にしたい。みんな4月にそのことを垣間見たんじゃないかな。いつの日か来る対戦の為に必要なことはなんでもするわ。」

チェルシーは親友であり、VXTのチームメイトでもあるデオンナ・プラッゾとの共演についても聞かれました。

「デオンナと私はチームとしてやり残した事があると思う。私達は、そのことを望んでいた程には探求していませんでした。これは絶対に何らかの形で実現するでしょう。IMPACTかどこかは分かりません。今、世界は自分達の自由に出来て、インディペンデント・シーンで活気づいています。もしかしたら、Warrior WrestlingやGCW、IMPACTやNWAで見る事が出来るかもしれません。デオンナと私は、タッグチームが実現するために戦っていくつもりです。」

デオンナとチェルシーは互いにIMPACTに所属していますが、2人の道はまだリング上では交わっていません。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!