国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月15日月曜日

AEW:元ROH世界王者ジェイ・リーサル衝撃の登場の裏側「神に誓って、1分も1時間足りとも眠ることが出来なかったんだ。」

0 件のコメント :


 AEW Full Gearのメディアスクラム後、Wrestling Incマネージングエディターのニック・ハウズマンはAEWの最新の契約者であるジェイ・リーサルに、トニー・カーンはどのように彼と連絡を取ったのか、ROHでの活動の後にAEWに来た経緯などを尋ねました。元ROH世界王者はトニーと会ったのは今夜が初めてだと言い、AEWでのデビューに興奮して昨夜は眠れなかったと明かしました。

「数日前にあっという間に全てが終わってしまったんだ。頭がクラクラしました。今日、初めて顔を合わせて話したんだ。想像してみてほしい。言葉は悪いけど、仕事がなくて、どうやって生活費を払えばいいのか悩んでいる。プロレスラーである以上、仕事はたくさんあるわけではないし、どこかに応募することもできない。そんな時、トニーの仲間からメッセージが届いたんだ。」

「それは最高の日であり、命の灯火だった。文字通り、それはほんの数日前のことで、俺は昨日飛行機で到着して、ホテルの部屋で一睡も出来なかった。神に誓って、1分も1時間足りとも眠ることが出来なかったんだ。何故なら、明日何が起こるのか、本当に分からないということばかり考えていたからだ。俺達はまだ会ったこともなく、顔を合わせるのも初めてで、頭の中で様々な事が考えられました。俺を好きになってくれる人はいるんだろうか、今、燃えている企業はあるだろうか、俺が印象に残ればいいけど。頭の中では、ただ感情が奔放に駆け巡っていたんだ。」

驚きのデビューを果たしたリーサルは、サミー・ゲバラのTNT選手権の候補者として発表され、今週水曜日のDynamiteでのAEW初戦でチャンピオンになることを目指します。

リーサルはROHが休止することが発表されて以来、他社に出演する事は初めてのこととなりました。元ROH世界チャンピオンのリーサルは10年以上を共にした会社の状況と、AEWでの人生の次の章に興奮している理由を語りました。

「残念ながら、そこのドアはすぐに閉まってしまうんだ。そこでは多くの友人に出会い、10年以上もレスリングをしてきました。俺はとても忠実なプロレスラーだから、俺に良くしてくれるなら、ドアが閉まるまではそこにいるよ。ドアが閉まって、チャンスが巡ってきました。ここにいるミスター・オポチュニスト(トニー・カーン)と俺は歓迎されました。質問に答えるとすれば、仕事を失った多くの選手達に同情します。今は悲しい時代だが、プロレスラーにとっては素晴らしい時代でもある。なぜなら、プロレス界はものすごく活気づいてるからだ。」

リーサルは契約期間が残っていることについて話を続け、自らリリースを要求したことを明かしました。36歳のリーサルはWWEのタレントが最近リリースされたことを知って、彼等よりも前にAEWに行きたいと思い、自分に賭けることにしたと明かしました。

「誰もが知っているように、右往左往している人達がリリースされ、大量のフリーエージェントがいて、プロレスラーにとって鉄が熱いうちに打たなければ8ボールの後ろにいることになると知っていたから。自分に賭けて何かをやってみようと思ったのですが反応があってうまくいったので、とても感謝しています。」

ROHは12月11日に最後のイベントであるFinal Battleを開催し、休止に入ります。10年以上ROHに関わってきたリーサルはこのイベントに出演するかを聞かれ、こう答えました。

「俺は出ないよ、俺の新しい家はAEWです」

Wrestling Inc

 

0 件のコメント :

コメントを投稿