WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:今後NXTは6ヶ月ごとに評価を下し、成長していなければリリースを行う模様


 ランス・ストームをゲストに迎えた最新のBryan and Vinny showでアルバレスはWWEの開発の新しいプランでは、6ヶ月ごとに才能を評価して、改善しない人間はリリースされる事になると話しました。

「これがどのような内容なのか正確には分かりませんが、この先6ヶ月ごとに全員を厳しく評価するというのが新しい考えです。これまでのように、7年間も開発段階で過ごさせるようなことはしたくないということです。なので、6ヶ月ごとに評価されて良くなっていなければ退場ということになります。」

「この新しいNXTでは全てが変わりました。彼等は自分達が何を求めているか知っています。決まった方法で働き、決まった方法で話し、一からトレーニングを受け、すぐに上達して上に行くか、そこから出て行くか、といったタイプの人達です。これが新しいやり方なのです。」

ランス・ストームはこの報道に自身の考えを付け加えました。

「開発部門で経歴の無い人間を雇って一から育てるという新しい方向性があるようですが、開発部門で数年を過ごした後、メインロスターで10年を最大限生かす事を考えれば、若い人を雇わなければなりません。もし、彼等の中に契約時に他の場所で活躍した優秀な労働者がいて、それでも3年、4年を開発部門で過ごしたという思考回路で行くと、例えば5年開発部門にいたら30代になる前か、30代前半までにメインに送り込みたいとなると、若いうちに契約しなければならないだろう」

「(半年ごとの評価は)その方が実際に生産性が高いと思う。開発部門に120人以上の人材がいる場合、1年に6人以上はメインに呼ばれないので、PCには20年分の人材がいることになり、75%の故障率を想定しなければならない。もっとこだわって採用し、ブロン・ブレイカーのように欲しい選手を集中的に育てれば、ある意味OVWのようになるのではないだろうか」

また、2020年に自身もWWEプロデューサーの職を解かれたストームは、昨日のリリースについて語りました。

「彼等が非常に多くの契約を結んでいた事を、誰しも理解しなければならない。あるいは少なくとも、理解はすべき。この2年間で125人程のタレントをカットしたと思うが、番組にはまだたくさんのタレントやスタッフがいて、ほとんど変わっていない。自分がWWEに戻った時のことを思い出しましたが、プロデューサーとして契約して現場に着いて最初に思ったのが、16人も他にプロデューサーがいるが、なんでこんなにいるんだ?ということでした。」

「最初に思ったのは、この仕事を上手にこなしてタレントに好かれようということでした。当時はパンデミック前で、6人をカットしても、何も変わりませんでした。1つの番組に2人のプロデューサーがついている番組もありました。プロデューサーがメインイベントの試合を担当するだけの番組もたくさんありました。ここにはたくさんのスタッフがいるんだな、と。私達の誰かが使い捨てにされる可能性がある事はすぐに分かりました。その4ヶ月後、私を含め9人がクビになりましたが、これがパンデミックの影響です。AEWが始まったとき、WWEは大量の人材と契約し始め、今ではもう人材を貯め込む必要は無いと判断し、気まぐれに人を切るようになり、多くの人を切ってしまったのだと思います。」

Wrestling News.co

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について