国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月6日土曜日

WWE:今後NXTは6ヶ月ごとに評価を下し、成長していなければリリースを行う模様

0 件のコメント :


 ランス・ストームをゲストに迎えた最新のBryan and Vinny showでアルバレスはWWEの開発の新しいプランでは、6ヶ月ごとに才能を評価して、改善しない人間はリリースされる事になると話しました。

「これがどのような内容なのか正確には分かりませんが、この先6ヶ月ごとに全員を厳しく評価するというのが新しい考えです。これまでのように、7年間も開発段階で過ごさせるようなことはしたくないということです。なので、6ヶ月ごとに評価されて良くなっていなければ退場ということになります。」

「この新しいNXTでは全てが変わりました。彼等は自分達が何を求めているか知っています。決まった方法で働き、決まった方法で話し、一からトレーニングを受け、すぐに上達して上に行くか、そこから出て行くか、といったタイプの人達です。これが新しいやり方なのです。」

ランス・ストームはこの報道に自身の考えを付け加えました。

「開発部門で経歴の無い人間を雇って一から育てるという新しい方向性があるようですが、開発部門で数年を過ごした後、メインロスターで10年を最大限生かす事を考えれば、若い人を雇わなければなりません。もし、彼等の中に契約時に他の場所で活躍した優秀な労働者がいて、それでも3年、4年を開発部門で過ごしたという思考回路で行くと、例えば5年開発部門にいたら30代になる前か、30代前半までにメインに送り込みたいとなると、若いうちに契約しなければならないだろう」

「(半年ごとの評価は)その方が実際に生産性が高いと思う。開発部門に120人以上の人材がいる場合、1年に6人以上はメインに呼ばれないので、PCには20年分の人材がいることになり、75%の故障率を想定しなければならない。もっとこだわって採用し、ブロン・ブレイカーのように欲しい選手を集中的に育てれば、ある意味OVWのようになるのではないだろうか」

また、2020年に自身もWWEプロデューサーの職を解かれたストームは、昨日のリリースについて語りました。

「彼等が非常に多くの契約を結んでいた事を、誰しも理解しなければならない。あるいは少なくとも、理解はすべき。この2年間で125人程のタレントをカットしたと思うが、番組にはまだたくさんのタレントやスタッフがいて、ほとんど変わっていない。自分がWWEに戻った時のことを思い出しましたが、プロデューサーとして契約して現場に着いて最初に思ったのが、16人も他にプロデューサーがいるが、なんでこんなにいるんだ?ということでした。」

「最初に思ったのは、この仕事を上手にこなしてタレントに好かれようということでした。当時はパンデミック前で、6人をカットしても、何も変わりませんでした。1つの番組に2人のプロデューサーがついている番組もありました。プロデューサーがメインイベントの試合を担当するだけの番組もたくさんありました。ここにはたくさんのスタッフがいるんだな、と。私達の誰かが使い捨てにされる可能性がある事はすぐに分かりました。その4ヶ月後、私を含め9人がクビになりましたが、これがパンデミックの影響です。AEWが始まったとき、WWEは大量の人材と契約し始め、今ではもう人材を貯め込む必要は無いと判断し、気まぐれに人を切るようになり、多くの人を切ってしまったのだと思います。」

Wrestling News.co

 

0 件のコメント :

コメントを投稿