Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:イーサン・ペイジ、過激化するインナーサークルとの下品過ぎるプロモについて語る「テレビで「おっぱい」と言った事でトラブルになるんじゃないかと」


 イーサン・ペイジはスコーピオ・スカイと、ATTと組み、インナーサークルとFull Gearで対戦します。この2グループの戦いは、インナーサークルがオナニーのジョークや性的な意味合いを込めれば、一方ダン・ランバート(ATTオーナー)は舌を噛まずに呪いの言葉をぶち放つなど全員が一線を越えそうなプロモセリフで埋め尽くされています。Sportskeedaの取材で、イーサンはこのグループ間の非PGプロモについて語りました。

「クリス・ジェリコは、俺の母親と4歳の娘が見ている中、テレビの生放送で俺がマイミートをビートしている(オナニージョーク)と話しやがった。あいつらはPGの限界を押し広げている。だから、俺はムカついているんだ、これは深刻だ。ストリートファイトであることはとても幸せなことだ。サミー・ゲバラがSワードを言うかもしれないし、オルティスやサンタナがBワードを言うかもしれない、しかし、観客はそれを楽しんでいて、子供の頃に見たプロレスを思い出す。俺の中にはプロレスを愛する部分と、あいつらを叩きのめしたい部分がある。素直に言えば、俺はそれでいいと思っているけど、俺がそれでいいと思う必要はないだろう。」

AEWやTNTの関係者からトーンダウンするように言われてないかとイーサンは聞かれました。

「誰も俺を追いかけては来ない、彼等は俺達が自分自身である事を許してくれています。誰かが言っているかもしれないし、誰も何かを言おうとしているのか分からない事があるのかもしれない。俺が「俺はこの試合で一番タイトなおっぱいを持っている」と言ったら、テレビで「おっぱい」と言った事でトラブルになるんじゃないかと心配していると、インナーサークルの連中は俺に自慰していると言ったり、ペイジ・ヴァンザントにジョークを言ったりしてるんだ。よし、俺はこのタイトなおっぱいで大丈夫、大丈夫なんだ」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!