国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年11月27日土曜日

新日本:ロッキー・ロメロが明かすAEWでのブライアン・ダニエルソン戦はどのように決まったのか

0 件のコメント :


 The Battleground Podcastに出演したロッキー・ロメロはブライアン・ダニエルソンとの試合に至るまでの経緯を詳細に語っています。ショーの数日前に、トニー・カーンから電話を受けて、Dynamiteでのダニエルソンの対戦相手になって欲しいと言われて、一瞬びっくりしたことを明かしています。

「本当に素晴らしいことだよ。金曜日に連絡を受けて、水曜日にはDynamiteに出演していたんだ。トニーから電話があって、「ダニエルソンと話してて、来週のDynamiteでForbidden Doorアクションをやったらいいんじゃないかと思ったんだ」と言われました。ダニエルソンはPPVの準備をしているから、彼と一緒に何かをするチャンスかもしれないって。それで誰に興味を持つかなって考えてた、ジュースかな、フィンレーかなって。そしたら、トニーが「ダニエルソン vs ロッキー・ロメロの試合を考えている」ってね。俺は一瞬「ん、俺?あぁ、俺がいいのか。なるほど、それなら納得」と思ったんだ。」

「なぜなら、ダニエルソンと俺は最初のLA道場から始まり、一緒にトレーニングをして、2002年10月に新日本でデビューしたという歴史があるからね。まだ若い2人の子供なのに。何故、そうしないのか?それはとてもクールなことだ。初めてDynamiteでTNTに出演した時も良かったし、互いに歴史のある人間と対戦出来たのも良かったし、あいつは今では超ビッグなスーパースターだから、あいつと対戦して自分の力を発揮出来た事は素晴らしいことだったよ。」

Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿