AEW:キャスターのラップに批判、今後のDarkの編集にはトニーが関わる事態に

 


今日のBusted Open Radioに出演したトニー・カーンは、昨夜のAEW Darkで放送されたマックス・キャスターのラップは「ひどい」もので、放送されるべきではなかったと言いました。また、彼のラップが放送された時、彼はバックステージで「GO」のポジションにいなかったと付け加えました。カーンはまた、今後Darkの編集は自分が行うと言っています。


昨夜の「Dark」では、キャスターのラップに、デューク・ラクロス・スキャンダルやシモーネ・バイルズへの言及が含まれていました。また、AEWのスター、ジュリア・ハートに向けた下品なセリフもありました。


この番組は数時間後に削除され、入口のない状態で再アップロードされました。キャスターのラップには、ソーシャルメディア上でファンから否定的な反応が相次ぎました。


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???