国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年8月31日火曜日

NWA:新NWA世界ヘビー級王者になったトレバー・マードック、一夜明けた感想を語る「覚えているのは、俺が感情的になっている時に、リックが「君がチャンピオンだ」と言った事だ。」

0 件のコメント :


 新NWA世界ヘビー級王者トレバー・マードックは、NWA73周年記念興行でニック・アルディスを破って1日経たないうちにBusted Open Radioに出演、勝利について語りました。言うまでもなく、彼は上機嫌でした。

「興奮しているし、疲れているし、ボロボロだけど、幸せだよ。他にどんな言い方をすればいいのか分からない。俺は非常に幸せだ。ほとんどの人にとって夢は叶わないものだが、昨晩夢が叶ったんだ。ハーリー(レイス)が一緒にいてくれれば、これ以上のことはないだろう。」

マードックはリック・フレアーがお祝いに駆けつけてくれた事、家族と一緒に祝った事、NWA王座を机の上に置いて寝たことなど、その夜のことを色々と話してくれました。この試合はマードックの引退に繋がる可能性もあった(試合はタイトルvs引退だった)ため、マードックは言葉を失ってしまいました。

「まず、リックがあんな風に出てくるとは思わなかった。泣かないようにするのが精一杯だったよ。覚えているのは、俺が感情的になっている時に、リックが「君がチャンピオンだ」と言った事だ。俺は頭を抱えてしまって、それがきっかけで、もやもやしていたものが少しずつ目を覚まし、ついにこれを成し遂げたんだと実感でしたんだ。偉大なるNWA世界チャンピオンを目の前にして、ただただ信じられなかった。後から見直さなきゃいけないこともあったけど、感情が昂って渦中にいたんだ。あの一戦が自分の最後の試合になると言い出すのを期待されているのも感じたから、言葉に詰まってしまったよ」

この週末はアニバーサリーショーと前夜に行われた女性だけのショー「EmPowerrr」によってNWAは大きな成功を収めました。マードックは自分の試合に集中していたため、アニバーサリショーのほとんどを見逃してしまったが、今週中には見るつもりだと明かしました。

「第一試合を見た後、俺はモニターから離れたんだ。あいつらがあまりにも素晴らしい試合をしていて、これ以上自分を緊張させたくなかった。女子のEmPowerrrも73の男性陣も、みんなは別のレベルにステップアップしていた。今夜はゆっくり座って、全員に敬意を払って試合を見たいと思ってるんだ」

「正直、俺の頭の中じゃ、自分のやってること以外のプロレスを考えられなかった、というか、頭の中がいっぱいで、他の人の物をみたら、あの夜にやっていたことに影響するかもしれないと思ったんだ。普段はそんなことないが、これは俺の人生で最も重要な試合で、人生で最大の瞬間なんだ。NWA世界ヘビー級チャンピオンである俺が、これ以上上に行くのはすごく難しい。つまり、これ以上のことはないってことなんだ」

Wrestling Inc

 

0 件のコメント :

コメントを投稿