AEW:Rampageのメインマッチ、ブリット・ベイカーがレッド・ベルベットを破り防衛、ジェイミー・ヘイターが現れベイカーをサポート!



 AEWランペイジの第1話の最後を飾ったのは、ブリット・ベイカー博士(DMD)とレッド・ベルベットによるAEW女子世界選手権試合でした。ベイカーは、地元ペンシルバニア州ピッツバーグのファンからモンスターのような反応を得ました。


ベルベットは、コマーシャル・ブレーク中に邪魔をしたため、リングサイド・エリアから放り出されました。この試合では、ベルベットが顔面を蹴り、トップからのムーンサルトを決めて勝利しそうになりましたが、ベイカーがショルダー・ブレーカーからピン・ストーミングを決め、さらにカーブ・ストンプからニア・フォールを奪い返しました。


ベルベットはベイカーにロックジョーをかけようとしましたが、ベイカーはカウンターで自分のロックジョーをかけ、ベルベットを服従させました。


試合後、ベイカーがベルベットを攻撃したが、クリス・スタットランダーが駆けつけてセーブした。そして、新たな顔ぶれのジェイミー・ヘイターが駆けつけ、ベイカーを援護し、ベルベットとスタットランダーを攻撃した。



Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???