WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

CMLL:デジタルコレクターアイテム「NFT」と仮想通貨「Fan Token」の利用を発表!


 CMLL InformaはSerounoブランドの「NFT」と「Fan Token」のビデオプロモを放映しましたが、それらがどのようなものなのか詳細は発表されませんでした。

NFTは近年、アート界隈で話題になっているデジタルアイテムです。美術作品に鑑定書や制作者のサインがつくように、ブロックチェーン技術を使う事でそのアイテムがオリジナルであることを証明、譲渡売買の際にも誰から誰に渡ったかが全て記録されるものとなっています。美術作品と同じように希少価値の高いものであれば、当然その価格は上昇していくため、コレクティブなアイテムとして注目をされています。

プロレスでコレクティブなものといえば、これまでは希少価値の高いポスターやパンフレット、選手が実際に身につけたマスクやブーツなどが挙げられますが、特にメキシコのリングではこのNFTを活用する動きがいくつか出てきています。以前、コナンは自身が持つビデオコレクションの中から、名乗る前のレイ・ミステリオJr.の動画などをNFTとして出品して話題になりました。

その他のスポーツでのNFTの活用を見ていると、どちらかといえばスポーツカードのレベルに留まる事が多く、CMLLで提供されるものもおそらくそういう類のものと推測されます。これらはどちらかといえば投機的な意味合いが強く、もし、ラ・ソンブラのカードを持っていたとしてWWEに移籍した際にはカードの投機価値としては価格が上がる可能性があります、またはシャーロット・フレアーとの結婚によってもその価値は高まるかもしれません。多くのデジタルカードNFTはそういう理由で過熱を続けています。真の意味でのコレクティブなアイテムとしては不適応と言えます。

Fan Tokenはチームや団体が発行する仮想通貨で、サッカーのFCバルセロナを始め、日本でも湘南ベルマーレ、Bリーグの仙台 89ERSなど今年に入り、様々なスポーツでの導入されている仕組みです。事例として見ると、ファン投票のシステムと連動して、選手更衣室デザインやユニフォームの投票、アンケートに参加、試合前交流会の参加、VIP席招待、チケットやグッズのキャッシュバック、ファンが選ぶMVP選出など多岐に渡ります。見ている人と団体を密接にエンゲージメントするための手法として取り入れられていますが、特に面白いのは、仙台 89ERSの子供達にプロ仕様の試合演出で試合をしてもらうというゲームの開催は非常に特別な体験と言えます。

これらの新たな仕組みをCMLLがどのように活用をするのか、今のところは明らかになっていません。

luchablog

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について