Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:Rampage開催のシカゴで州政府がワクチン接種の有無に関わらずマスク着用を義務化


 シカゴはAEW Rampageのホームグラウンドとなります。The First Danceが開催されますが、来場するファンにはマスクの着用が義務づけられる可能性があります。

州政府は今週の金曜日にマスク着用の義務化を発表しました。この日はAEWが大々的に宣伝しているRampageの第二回エピソードと同じ日です。この義務化は2歳以上の人間、全ての屋内施設に適用され、ワクチン接種の有無にかかわらず実施されます。

CDPH長官アリソン・アーワーディー博士のコメントは下記になります。

「伝達率の高いデルタ株の感染率が上昇している今こそ、さらなる感染拡大を防ぎ、命を救うためにこの措置を再導入する必要があります。我々は引き続きデータを注意深く追跡し、これが一時的なものであり、過去に行ったようにCOVIDカーブを曲げる事が出来ると期待しています」

「これまでのマスク義務化と同様に、レストラン、バーなどの飲食店では利用者が飲食をする場合、マスクを外す事ができます。またひげ剃りやフェイシャルなどマスクを外さなければいけない特定の行為の際にもマスクを外す事ができます。一般公開されていない環境では従業員が他の全ての人から6フィート(約2メートル)以上離れた場所で静止している場合、従業員がマスクを外す事が出来ます。(例、オフィスの個室)」

現在のところ、会場であるユナイテッド・センターのマスクポリシーには「完全にワクチンを接種したゲストはユナイテッド・センターに滞在中、マスクを着用する必要はありません。予防接種を受けていないゲストにはマスクの着用が推奨され、リクエストに応じて提供されます」となっています。このポリシーは今後変更される可能性があります。

また、今度のRampageショーにはCMパンクが出演する可能性が高く、期待されています。パンクは2014年からWWEバックステージ以外のプロレス番組に姿を見せていません。AEWやパンク自身も出演の可能性についてヒントを出しています。

Sescoops

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!