Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:サモア・ジョーが語るリングへの復帰、脳震盪への恐怖



 2度のWWE NXTチャンピオンが、Corey Gravesのポッドキャスト「After The Bell」でインタビューを受け、リングへの復帰、TakeOver 36でのKarrion Krossとの対戦、1年半の欠場についてなどを語りました。


ジョーは、『2020年の2月から試合をしていませんね。今、TakeOver 36でNXT王座のリングに戻ってくることは、あなたにとってどんな意味がありますか?"


「もちろん、戻ってこれてよかったです。  また、現役の選手であることは良いことです。  NXTに戻ってきて、チャンピオンのために戦うという状況が気に入っています。  それは正しいことだと思います。  正しいことだと思います。  WWEユニバースの前でリングに戻る機会を楽しみにしています」とコメントしています。


ジョーは、(脳震盪の問題で活動を休止していた)この1年間に何を考えていたのかと聞かれました。


「私はシンプルに、ただ健康になることだけを考えていました。多くの人は自分の問題を複雑にしすぎて、プレッシャーや不安などの余分な要素を加えて、問題を大きくしたり、悪くしたりする傾向があると思います。私はただ健康になることだけに集中しました。それ以外の期待は一切していません。リングに戻ることも期待していません。本来あるべき姿に戻ること、脳を健康にすること、体を健康にすること以外には何の期待もしていません。それが私の最大の関心事でした。私の周りにいる大切な人たちには、自分の健康状態がどうなるのか、自分の気持ちがどうなるのかを確認し、慎重に行動し、時間をかけて、本当に良くなることに集中するように伝えました。それが私の最大の関心事であり、それが私の助けになったのだと思います。


余計なことは考えずに済んだ。余分なことは考えず、「またリングに戻れるのか?もう二度とリングに戻ってこれないのではないか?この業界で知っている他の人たちが同じような苦労をしているのを見て、豊富な知識を集め、医師のアドバイスを受け、キャリアを通じてこの問題に深く取り組んできた他の人たちに多くの質問をして、自分にとって最良の健康上の決断をしたことが大きかったです。そのプロセスを経て、私が納得したところで、リングに復帰することに集中し、そのための最善の方法と機会を見つけ始めました。その間、私は忙しくしていたいと思っています。だから、コメンタリーをする機会が来たとき、パネルをする機会が来たとき、あるいはWWEで他のことをする機会が来たとき、私はそのチャンスに飛びつきました。


怪我がキャリアの終わりになると思っていたかどうかを語るジョー。


「これまでに経験したことのないようなひどいケガだった。自分でも怖かったです。私を心配してくれている多くの人たちも怖がっていました。とても心配してくれました。自分が何をしたいのか、いつ復帰したいのかということを考えると、それが焦点になるのはとても簡単なことでした。すべては、私が大丈夫かどうか、気分が良いかどうかを確認することにかかっていたのです。私がリングに戻ってきたとき、私は70%の能力で戻ってきたいとは思いませんでした。復帰して、ファンの皆さんに最高のものを提供できるようにしたかったのです」。


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!