Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:アンドラーデはシャーロットやリック・フレアーの参戦を希望



AEWのロスターは、多くのトップインディペンデントや元WWEの名前が追加され、成長を続けています。もしアンドラデ・エル・イドロが思い通りに動けば、彼の婚約者が彼と一緒に働くことになるかもしれません。


デイブ・メルツァーはレスリング・オブザーバー・ラジオで、アンドラーデはシャーロットと彼の親しい友人や家族の参加を望んでいると指摘しました。


"私は、彼がAEWに入ると予想しています。"メルツァーは、リック・フレアーについて述べました。「彼がAEWに行くかどうかは分かりませんが、特に今、彼がAEWにいないことは想像できません...ここで問題なのは、ビンスが彼をそんなに早くAEWに入れたいと思っているとは思えないので、リリースの条件は分かりません。競業避止義務がどのくらいあるのかは分かりません。"


さらにメルツァーは、「大きな問題は、みんなが怒るだろうが......アンドレイドは、家族全員で参加したいと言っているんだ。家族とは、ラッシュ、ベスティア(666)、ドラゴン・リー、彼、アシュリー、リック、それが彼の望むところだ。アシュリー、私は彼女を知りません。彼女のことを代弁するつもりはないが、彼女はWWEに出たいと思っているし、彼女にとってWWEはビッグリーグだと感じているが、私にはわからない。それは(AEWにとって)大きな認識を得ることになるでしょうし、彼女の契約がいつ終了するかもわかりません。信じてください、私は彼女の契約がいつ終わるのか、多くの内部の人たち、AEWの人たちではなく、記者たちから聞かれました。


なお、2019年末には、アンドラーデとシャーロットがともに名前の商標を出願している。


アンドラーデは "La Sombra "と "El Idolo "を、シャーロットは "Ashley Flair "と "The Queen of Wrestling "を商標登録出願しました。記録上の商標弁護士は、マイケル・E・ドキンズです。彼はAEWレスラーの商標を多く扱っていますが、コンラッド・トンプソンともつながりがあります。


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!