AEW:コーディとマラカイ・ブラックの抗争はトニー・カーンのアイデアか

 


マラカイ・ブラックは、AEWデビュー以来、強力にプッシュされてきました。コーディ・ローデスとのプログラムが組まれ、先週のDynamiteで元AEW TNTチャンピオンに勝利し、ローデスをテレビから締め出すことになりました。


デイブ・メルツァーはレスリング・オブザーバー・ニューズレターの最新版で、この抗争はトニー・カーンが考えたものだと報告しました。このプロモーションにはクリエイティブ・ライターはおらず、クリエイティブ・プロセスはレスラーが自分でストーリーを考えて、それをAEW社長に売り込むというのが一般的です。


そのストーリーは、ブラックがマイアミでアーン・アンダーソンを攻撃し、ブラックがローデスを倒すという、カーンの計画でした。カーンはローデスに、この男こそがその仕事をするべきだと売り込んだと言われている。


ブラックはその間に、「ローデスは処分すべき馬だ」という生放送前のプロモを含め、いくつかのシナリオを考えていた。


ローデスがAEW TVに戻ってきても、この抗争が続くかどうかは不明ですが、ブラックは試合後にローデスが引退を予告していた時に、ローデスのブーツを1つ奪いました。ブラックはこの水曜日のDynamiteでもローデスに関するプロモを行っています。


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???