WWE:ブロンソン・リードが自身のリリースについてTwitterでリアクション

 


金曜日の夜遅く、予算削減のためにWWEから解雇されたNXTレスラーと1人のレフェリーの中にブロンソン・リードがいました。


元NXT北米チャンピオンのリードは、自身のTwitterアカウントでリリースについてコメントしました。


「私は今、反省し、起こったことを処理する時間があります。私は非常にショックを受け、とても動揺しています。ご存知のように、これは私だけではなく、妻にも影響を与えています。私たちは異国の地にいますが、妻はとても前向きな人で、私も前向きになれました。私はただ、皆さんに連絡を取りたかったのです。ネット上で受けた愛とサポートにはとても感謝しています、信じられないくらいです。ツイッターのトレンドにもなっていました。Twitterのトレンドにもなっていました。多くの方が私のことを思ってくれて、何があってもフォローしてくれるということは、私にとって大きな意味があります。


NXTには感謝していますし、私を信じてくれたハンター(トリプルH)とショーン(マイケルズ)にも感謝しています。テリー・テイラー、スコッティ・2・ホッティー、ノーマン・スマイリー、スティーブ・コリーノなど、たくさんのことを学んだコーチたちにも感謝したい。そして、バックステージのみんなにも感謝したい。素晴らしいロッカールームの一員であったと思います。私は前向きで、自分が世界最高のスーパーヘビー級であることを信じています。これからもそれを証明していきたいと思います。よく言われるように、1つのドアが閉まると別のドアが開きます。私の場合、多くのドアが開いています。あとは、どのドアを通るかだけです。だから、サポートと愛にとても感謝しているし、これからも応援してください。ありがとうございました。"



リードは、競業避止義務が切れる30日後には、他のプロモーションと契約することができます。リードは、NXTのレギュラーとしてプッシュされ、最近ではメインロースターでダークマッチをこなしていたため、近い将来に呼ばれるだろうと期待されていただけに、リリースのニュースが流れたときは驚きでした。


Wrestling News.co

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???