WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:ニック・カーンが語る大量解雇「私達にとって、その時点で私達、そして私達のビジネスに何が有効かということであり、将来的に何が有効かということでもあるのです。」


 この1年間、WWEはメインロスターとNXTの両方で数多くのスターを放出してきました。ブレイ・ワイアット、ブラウン・ストローマン、ルビー・ライオット、ブロンソン・リードなどが団体を去りました。これらの退団の理由は会社の予算削減によるものだと報道されています。また、NXTに関しては、育成したい人材の変更も離脱の理由と噂されています。

WWE社長兼最高収益責任者のニック・カーンはBTSportのアリエル・ヘルワニと退団し、これらの事案について語りました。カーンは自身が多くのファンからスターが放出された理由として、指を指されている人物であることについて応えました。

「このビジネスや人生において、私がどのように物事を見ているかと言えば、私が愛し、大切に思っている人達はもちろん、その人達が個人としての私をどう思っているかを気にしています。私が知らない人達が自分の意見を持つ事が許されています。しかし、それが私に影響を与える事はありません。私はそれを読みませんね。読んでもいないし、見てもいない。喜びや苦しみを感じる事はありません。」

「私達の活動に影響を与える物ではありませんし、私がどのように物事を見ているかというと、非難される事に関して言えば、何かが災難に見舞われた時には全ての賞讃を受けたいし、何かがヒットしたときには一切の賞讃を受けたくないのです。もし、ファンが気に入らない事で私が非難されるのであれば、それはそれで構いません。私と一緒に仕事をしていて、難しい決断をしている人の責任が少しでも軽減されるのであれば、私はそれでいいと思っています。」

今年の削減についてカーンは決定プロセスに関与しているかと聴かれました。

「WWEには1人のボスがいて、それがビンスであることは周知の通りです。クリエイティブ・プロセス全体を監督するブルース・プリチャード、プロダクション全体を監督するケビン・ダン、ステファニー・マクマホン、ポール・レヴェスク、全ての人がこれらの決定に関与していますが、最終的にはビンスが全ての最終決定を下します。」

ヘルワニは今年のリリースが例年に比べて非常に多い理由を尋ねました。カーンは特別な理由があるとは考えていません。

「その理由の一つではありませんが、最終的にはこの人は我々のためになるのか?です。ラスベガスで2日間のトライアウトが行われ、昨日終了しました。トリプルH、ジョン・ローリネイティス、ブルース・プリチャードが彼等を見て、結果12人以上の新しいタレントと契約しました。「あぁ、だから他のタレントを切ったんだ」とは言いませんが、私達は常に次のことを考えています。」

「私達は現在に生き、未来に生きるのであって、過去に生きている訳ではありません。だから、人が去って自分の人生やキャリアを歩む事は、私達にとって良い事です。私達にとって、その時点で私達、そして私達のビジネスに何が有効かということであり、将来的に何が有効かということでもあるのです。そして、大部分、部分的に既存のロスターはそれに基づいています。」

このインタビューでカーンはWWEが売却される可能性について「We're open for business」と話しました。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について